【織田信長】が黒人【弥助】を家臣にした本当の理由とは?!

織田信長 黒人 奴隷 弥助 モザンビーク ヴァリニャーノ

 

織田信長には優秀な部下(家臣)がおり、

 

様々な場面で信長を助けてきました。

 

天下統一目前まで躍進できたのも、

 

優秀な家臣がいたからこそです。

 

そんな家臣の中でも、異彩を放っているのが

 

弥助」という存在。

 

当時の日本では大変珍しい

 

黒人」であった弥助は、

 

どうして織田信長の家臣という役職に就いたのでしょうか?

 

ここでは、織田信長が黒人を家臣にした本当の理由3つ

 

についてご紹介してきます。

 

 

織田信長と黒人「弥助」の出会い

 

織田信長 黒人 奴隷 弥助 モザンビーク ヴァリニャーノ

 

織田信長の家臣の中でひときわ目立っていたのが、

 

弥助」でしょう。

 

弥助は身長190cmを超え、

 

十人力の剛力の持ち主だったと伝わっています。

 

当時の日本人からしてみれば、

 

190cmを超える人間は

 

滅多にいなかったので存在感は抜群でした。

 

この弥助ですが、どうして島国である

 

日本にポツンといたのでしょうか?

 

実は、イタリア人の宣教師である

 

ヴァリニャーノ」が来日した際、

 

その奴隷として連れてこられた黒人が弥助でした。

 

出身地は現在のモザンビークだと記されています。

 

何が理由で奴隷になったのか、

 

何が目的で日本にきたのかという詳細な部分は不明です。

 

 

織田信長が黒人「弥助」を家臣にした3つの理由

 

織田信長 黒人 奴隷 弥助 モザンビーク ヴァリニャーノ

 

戦国時代の日本では珍しい黒人が、

 

織田信長とどうして知り合えたのでしょうか?

 

実はフロイスがイエズス会に送った日報によれば、

 

弥助は京都におり、

 

黒人がいると大きな話題になっていました。

 

その騒ぎを聞きつけた織田信長は、

 

初めて黒人を見たとき、

 

元々肌が黒いということを最初は信じませんでした

 

肌に黒い塗料を塗っているのだろう??

 

と思っていたんですね。

 

そこで部下に命じて、弥助の体を洗ったところ、

 

色が落ちるばかりかますます黒く光りだしたのです。

 

それを見た織田信長は、黒人に大変興味を示しました。

 

しかし興味を示しただけでは、

 

家臣にするとは考えにくいですよね?

 

信長が弥助を家臣にした理由としては、

 

以下に挙げるものが有力です。

 

1:戦力になるから

 

織田信長 黒人 奴隷 弥助 モザンビーク ヴァリニャーノ

 

戦国時代の頃、成人男性の平均身長

 

160cmを切るぐらいだったとされています。

 

そんな時代において、

 

190cmを超える弥助は相当な存在感であり、

 

力持ちでもあったので敵の士気を落とすのに

 

有力だと信長は考えました。

 

誠実で心優しい性格をしていた弥助に対して、

 

信長が信頼を置いたと考えるのも納得できるでしょう。

 

当時優秀な家臣を多く持っていた信長ですが、

 

天下統一を果たすには人材が足りていませんでした。

 

その人材を誰にしようか悩んでいたところ、

 

弥助と出会ったというのも大きな理由かもしれません。

 

いずれにしろ、戦力になると判断して

 

弥助を家臣にしたという説が一番有力のようです。

 

 

2:単純に興味を持っただけ

 

織田信長 黒人 奴隷 弥助 モザンビーク ヴァリニャーノ

 

関税の撤廃や楽市楽座の政策、

 

キリスト教への関心など、

 

信長は古い慣習を捨て去り

 

常に新しいものを吸収したいという考えを持っていました。

 

そのため次々に新しいものを取りいれ、

 

それを文化として発展させてきたのです。

 

新しいものに興味を持つ性格の信長が、

 

日本で見慣れていなかった黒人を見たとき、

 

どう感じたかは簡単に想像できますよね?

 

もちろん興味深々となり、

 

さらに肌が元々黒いということが分かってからは、

 

さらに興味が増しました。

 

興味を持ったらすぐに実行したくなるのが織田信長ですから、

 

早速ヴァリニャーノに交渉をして譲ってもらうことに。

 

このとき、「弥助」という名前を与えたと伝えられています。

 

どうして信長が弥助という名前にしたのかは、

 

現在でも分かっていません。

 

 

3:新しい文化を取りいれようとしたから

 

織田信長 黒人 奴隷 弥助 モザンビーク ヴァリニャーノ

 

先ほども少し触れましたが、信長は新しい文化に興味を持ち、

 

次々に政策等に取り入れていました。

 

天下統一を果たすとなれば、日本だけでなく世界に向けても

 

情報を発信し収集していくことも考えなければいけません。

 

そのとき、いきなり世界を知るのでは準備が滞ってしまうので、

 

ある程度世界について知っておき、慣れておく必要もありました。

 

そこで、当時としては珍しい黒人を家臣にすることにより、

 

世界にはどんな文化がありどこまで発展しているのかを、

 

知っておきたいという考えが信長にはあったと言われています。

 

普通、初対面に近い相手を自分の家臣にするなんて考えられません。

 

それをしてしまったというところから見て、

 

「今」だけではなく「将来」まで信長は計算していたのではないでしょうか

 

 

黒人「弥助」は明智光秀に襲撃されたが…

 

織田信長 黒人 奴隷 弥助 モザンビーク ヴァリニャーノ

 

さて、家臣として信長に仕えていた弥助は、

 

本能寺で中国派遣へ向け準備を進める信長の傍にいました。

 

そこに明智光秀率いる軍が攻め込んできて、本能寺の変が勃発します。

 

剛力の持ち主ですから、頑張って戦いましたが

 

戦力に大きな差があったため、

 

負けてしまい信長は自ら部屋に火を放ち自害しました。

 

弥助は戦闘で死亡することはありませんでしたが捉えられ

 

明智光秀の前へ差し出されます。

 

このとき明智光秀は、

 

こいつは人間ではなくただの動物だ。殺す必要もないだろう

 

と言い残し、弥助を逃がしたのです。

 

明智光秀が放った言葉は、

 

現代で考えると黒人差別ですが、

 

明智光秀は殺すのは忍びないと思い、

 

方便を使ったのではないかという好意的な見方もあります。

 

 

黒人「弥助」は南蛮寺に送られ晩年を過ごしていた

 

織田信長 黒人 奴隷 弥助 モザンビーク ヴァリニャーノ

 

明智光秀に殺されずに済んだ弥助は、

 

イエズス会の南蛮寺協会堂に送られたようです。

 

その後、どんな晩年を過ごしていたのは

 

資料が全く残されておらず不明。

 

しかし他地域の史料によれば、

 

黒人が登場する場面がいくつかあるので、

 

弥助はしっかりと生きていたのではないか?と考えられています。

 

様々な史料に黒人が登場するのですが、

 

弥助と思われるものとして、「有馬方の大砲役」があります。

 

宣教師であるヴァリニャーノは、

 

織田信長に謁見する前に

 

有馬晴信とも謁見しており、

 

有馬方を支援していました。

 

信長亡き後、イエズス会の支部に逃げ込んだ弥助が、

 

ヴァリニャーノが支援していた

 

有馬方の一員になることは自然な流れです。

 

ただし、その大砲役の黒人が

 

本当に弥助なのかを判断するのは難しいのですが、

 

果たして。。

 

 

いかがでしたか?

 

戦国時代には珍しい黒人が、なんと織田信長の家臣になっていたんですね。

 

どうして家臣になったのか、信長が亡き後はどうなったのかについて、

 

いくつかの説を交えながら紹介していきました。

 

異例とも捉えられる家臣での加入は、

 

信長の「新しい文化を取り入れる」性格が、

 

関係していたというのは興味深いですよね。

 

日本史上最大のミステリー本能寺の変に新事実!」も合わせてお楽しみください!!

 

引き続き、「歴史に隠された黒い噂と黒歴史」をお楽しみください!!

関連ページ

【織田信長】日本史上“最大のミステリー”「本能寺の変」に新事実が?!
戦国武将の中で、現代でも人気が高いのが「織田信長」と「武田信玄」ですよね。 両者とも、同じ時代に生きており戦国武将としてその名を全国に知れ渡らせていました。お互いがライバル関係にあったのですが、一度も直接戦うことはありませんでし・・・
【織田信長】の本音!織田信長と武田信玄が直接対決しなかった理由
戦国武将の中で、現代でも人気が高いのが「織田信長」と「武田信玄」ですよね。 両者とも、同じ時代に生きており戦国武将としてその名を全国に知れ渡らせていました。お互いがライバル関係にあったのですが、一度も直接戦うことはありませんでし・・・
【織田信長】って何をした人?織田信長の歴史を分かりやすく解説
誰もが一度は名前を聞いたことがある戦国武将と言えば、「織田信長」ですよね。「鳴かぬなら、殺してしまえ、ホトトギス」織田信長の性格を表す言葉として、あまりにも有名です。そんな・・・
【織田信長】に隠された性格が分かるマル秘エピソードを暴露します
戦国武将の中でも、抜きんでた才能を見せつけたのが「織田信長」ですよね。現代でも、49年という人生に詰め込まれた数々のエピソードは、色あせることを知りません。そんな織田信長ですが、どういった性格を・・・
【織田信長】の家臣で重要な人物5人とそれぞれの歴史
織田信長には実力を兼ねそろえた、素晴らしい家臣が多くいたと言われています。天下泰平のため、天下統一を目指していた織田信長ですが戦国の戦乱を勝ち抜くには一人では不可能・・・
【織田信長】が【森蘭丸】を信頼した2つの理由とは?!
織田信長の家臣として、最期まで献身的に主君を支えたのが「森蘭丸」ですね。現代でも、時代劇や映画などで重要な役割を演じているなど、人気が高い戦国武将です。そんな森蘭丸ですが・・・
【織田信長】が政略結婚していた!?妻【濃姫】の人物像とは?!
織田信長の正室として、その名前は現在でも知られているのが「濃姫」ですね。本名は帰蝶と呼ぶそうですが、有名の割にどういった人物なのかほとんど文献が残されていません。晩年はどう過ごしたのか、謎に包まれている濃姫ですが、どんな人生を過ごしてきたのでしょ・・
裏切りが原因?【織田信長】と浅井長政の敵対した理由とその後…
織田信長と同盟関係を結んでいたのが、「浅井長政」ですね。少なからず同盟関係を結んでいたということは、お互いの利害が一致していたハズですが、後に2回も戦う事態になります。一度同盟を結んだ相手に対して、自分からは決して裏切らない性格を持つ織田信長を考えると、2回・・・
【織田信長】はA型?B型?性格から分かる織田信長の血液型とは?
戦国武将の中で、今でも人気が衰えないのが「織田信長」ですね。短気で残忍な性格をしていたとされていますが、どこまで性格が本当なのか全て分かってはいません。そんな織田信長の性格を考える上で参考にされているのが、「血液型」と言い・・・
【織田信長】の妻は誰?織田信長が愛した8人の美人妻とは?
織田信長といえば、誰もが知っている戦国時代の武将ですよね。戦国時代における三英傑の一人として数えられており、その最期も謎に包まれているという不思議な人物です。そんな織田信長には側室を含めて8人の妻・・・
【織田信長】が残した3人の子孫と壮絶な生涯とは!?
天下人になるという野望を抱きながら、到達目前で命を落としたのが「織田信長」ですね。信頼していた家臣から裏切られた気持ちはいかほどだったのか、現代に生きる我々でも無念の気持ちを・・・
裏エピソード!【織田信長】と斎藤道三に隠された2人の関係とは?
織田信長が天下統一目前まで到達できたのは、「斎藤道三」のおかげだと言われています。もし斎藤道三がいなければ、信長は天下統一という目標を途中で諦めていたかもしれません。そこまで影響力のある斎藤道三と、織田信長は・・・
【織田信長】が残していった11人の子供と生涯・裏話!!
織田信長といえば、戦国時代の三英傑の一人であり、天下統一目前まで果たした武将として有名ですよね。そこまで有名になった織田信長ですが、その子供がどんな活躍をしたのかはほとんど分かっていま・・・