独眼竜【伊達政宗】が使っていた家紋の仰天エピソード!!

伊達政宗 独眼竜 家紋

 

戦国武将にはそれぞれ家紋があります。

 

有名なところでは真田幸村

 

真田家が使っていた「六文銭」、

 

徳川家が使っていた「三つ葉葵

 

などがありますが、戦国ヒーロー、独眼竜、

 

伊達政宗の家紋」はご存知でしょうか?

 

伊達政宗が使っていた家紋はいくつかありますが、

 

地元仙台では有名なのはもちろんのこと、

 

大ヒットゲーム「戦国バラサ」にも使われていて

 

ゲーム好きな人たちの間ではとても人気なのだそう。

 

更に伊達政宗と言えば黒い眼帯三日月の兜黒い鎧という

 

独特のルックスとキャラクターでエピソードにも事欠きませんが、

 

家紋に関して他の戦国武将顔負けの

 

面白エピソードが沢山あります。

 

ここでは伊達政宗が使っていた家紋について見て行きましょう!!

 

  • 戦国武将の家紋って何なの??
  • 伊達家の家紋っていくつあるの?
  • 伊達家の家紋の仰天エピソードとは?!
  • 伊達家の家紋は商標登録されている?!
  • 政宗はあの世でも家紋に囲まれている??

 

 

戦国武将の家紋って何なの?

 

伊達政宗 独眼竜 家紋

 

日本の家紋の由来とは?

 

そもそも、家紋ってどういうものなのでしょうか?

 

日本において家紋とは先祖代々伝わる

 

家の紋章のことですが、現代人の私たちには

 

家紋とはあまり馴染みはないですよね。

 

せいぜい礼服の着物の背縫いの上や袖についている家紋や、

 

時代劇などで提灯に家紋がついているのを

 

イメージするくらいでしょうか。

 

この家紋はいったいいつ頃から使われるようになったかというと、

 

もともとは平安時代の頃に天皇や皇族が

 

着物にあしらった模様だったそうです。

 

その後、着物だけでなく自分の牛車と

 

他の家の牛車を区別するために

 

牛車に「家紋」を付けたのが始まりで、

 

やがて皇族では家を区別する目印として

 

衣服にも使用するようになります。

 

それがやがて武家にも広まり、

 

武将が戦のときに敵・味方を区別するたに使うようになりました。

 

 

戦国時代の家紋の使われ方は?

 

伊達政宗 独眼竜 家紋

 

更に武家での家紋は戦での区別に留まらず、

 

戦で戦功をあげた武将の身分証明にも活用され、

 

家紋はとても重要なものになっていきます。

 

また武将は戦で勝った際に敵陣が使っていた

 

家紋を自分のものにすることもできたそうです。

 

そのため名だたる武将は代々伝わる家紋の他に、

 

3つ以上の家紋を持っていることが普通でした。

 

また戦で活躍した配下の武将にご褒美で

 

勲章である家紋を譲り使うことを許すこともあったそうです。

 

となると戦功をあげた武将は先祖代々伝わる家紋の他に

 

勲章として家紋も手に入れることが出来ます。

 

よって家紋が2つ以上になるということは

 

武将にとっては大変名誉なことだったそうです。

 

伊達家の家紋っていくつあるの?

 

では、伊達政宗はどのような家紋を使っていたのでしょうか。

 

戦国時代を代表する武将の一人ですので

 

沢山の家紋を持っていそうですよね。

 

実際に主なもので8つくらいの家紋があったようです。

 

そこで伊達家の代表的な家紋をご紹介しましょう。

 

源頼朝からもらった「三引両」(みつびきりょう)

 

伊達政宗 独眼竜 家紋

 

伊達家のルーツは、平安朝の公家である

 

藤原山蔭の子孫の藤原朝宗が

 

源頼朝による奥州藤原征伐の合戦で軍功をあげ、

 

陸奥国伊達郡を与えられたのが始まりだそうです。

 

このときに、源頼朝から丸に竪三引両の家紋をあたえられており、

 

これが伊達宗家に先祖代々受け継がれてきた家紋となります。

 

尚、政宗は3本線が横になった

 

「横三引両」も使用していたことがあるそうです。

 

武田家からもらった「竹に雀」(たけにすずめ)

 

伊達政宗 独眼竜 家紋

 

伊達家で一番有名な家紋です。

 

大ヒットゲーム「戦国バラサ」にも使われているのがこの家紋。

 

政宗の曾祖父・伊達植宗の代に上杉との同盟強化のため、

 

三男・実元を上杉定実の養子として送り込みこもうとしたとき、

 

「竹に雀」の家紋が引き出物として贈られました。

 

けれどこの縁談は破談となり引き出物の家紋だけが残りました。

 

その後、伊達政宗はこの「竹に雀」を基調としてアレンジした

 

「仙台笹(せんだいささ)」という家紋を作り、

 

これが仙台藩伊達氏の定紋(仙台笹)になりました。

 

豊臣秀吉からもらった「五七桐」(ごしちのきり)・「十六葉菊」(じゅうろくようぎく)

 

五七桐

伊達政宗 独眼竜 家紋

十六葉菊

伊達政宗 独眼竜 家紋

 

この2つの家紋は天皇家のものですが、

 

豊臣秀吉が関白になった下賜された紋で、

 

秀吉はさらに配下の大名たちに与え、

 

政宗もこれらの紋を頂いたようです。

 

政宗が初陣で使った雪薄(ゆきすすき)

 

伊達政宗 独眼竜 家紋

 

伊達家特有の家紋で、

 

政宗の初陣の時に旗に使われたそうです。

 

後に紋様が優雅なことから伊達家の姫方専用の家紋となり、

 

家中の女性で特に功のあった者にも下賜されたそうです。

 

描かれた雪がいかにも東北らしく雰囲気のある紋ですね。

 

細川忠興からもらった九曜紋(くようもん)

 

伊達政宗 独眼竜 家紋

 

細川忠興の家紋である九曜紋をもらい受けたもの。

 

九曜紋は9つの〇からなるデザインで

 

〇は日本では星を表現しているそうです。

 

後に政宗は家臣の片倉小十郎にあげてしまったため、

 

伊達家だけでなく片倉家の家紋でもあるそうです。

 

 

伊達家の家紋の仰天ピソードとは!?

 

仙台市のマークは伊達家の家紋と酷似?!

 

伊達政宗 独眼竜 家紋

 

突然ですが仙台市のマークってご存知でしょうか。

 

仙台の「仙」の文字を丸く変形させてつくられたマークなのですが、

 

これが伊達家代々の家紋である「三引両」にそっくりなのです。

 

でも、それもそのはず、そもそも仙台のマークは

 

伊達家代々の家紋である「三引両」をベースにして

 

「仙」の文字をデザインしたと言われています。

 

とてもよく出来たマークですよね。

 

それにしても、市のマークにまで伊達家が絡んでくる

 

仙台市民の伊達政宗愛ってすごいですよね。^^b

 

無理を言ってもらった家紋を家臣にあげてしまう??...

 

伊達政宗 独眼竜 家紋

 

細川忠興からもらった九曜紋は、

 

そもそも細川家が織田信長にもらった名誉ある家紋でした。

 

当時、細川忠興と政宗は悪友のような関係で仲が良く、

 

九曜紋は政宗が無理を言って細川忠興からもらったそうです。

 

九曜紋の〇は星を表現していますが、

 

政宗は星のデザインが好きで陣羽織も星のデザインにするほど。

 

ですから星好きな政宗には九曜紋が素敵に見え、

 

「その家紋かっこいいからよこせよ」みたいな

 

ノリだったのかもしれませんね。笑 

 

けれどもせっかく無理を言ってもらったこの九曜紋を

 

政宗はなんと家臣の片倉小十郎にあげてしまうのです。

 

それってひどくない?と思ってしまいそうですが、

 

実はこの片倉小十郎というのは

 

政宗と大変強い絆で結ばれた家臣だったそうで、

 

「片倉小十郎なくして戦国ヒーロー伊達政宗は存在しなかった」

 

と言われるほどの影の功労者。

 

それだけの家臣でしたので、

 

政宗がとても気にいていた家紋だからこそ、

 

敢えて与えたのかもしれません。

 

つまり政宗は家臣思いだったんですね。

 

ちなみに政宗に九曜紋をあげた悪友?

 

細川忠興は妻が明智光秀の3女で

 

後にキリスト教に改宗して有名な細川ガラシャです。

 

 

伊達家の家紋は商標登録されている?!

 

伊達政宗 独眼竜 家紋

 

伊達家の最も有名な家紋「竹に雀」は

 

誰でも自由に使えるのかと思いきや?!

 

伊達家宗家しか使えません。

 

これは伊達家宗家が「竹に雀」を商標登録しているからです。

 

家紋の商標登録は珍しいことではなく、

 

例えば真田幸村で有名な真田家の「六文銭」や、

 

徳川家の「三つ葉葵」なども商標登録されているそうです。

 

尚、伊達家の場合は伊達家宗家の子孫の方が

 

商標登録しているので伊達家の一族であっても

 

宗家しか使用できないそうです。

 

それは「竹に雀」の家紋が分家や家臣に贈られることがなかった

 

伊達家宗家唯一の家紋だからです。

 

ちなみに徳川家の「三つ葉葵」は徳川宗家だけでなく

 

御三家とその一門も使用可能なんだそうです。

 

一概に家紋と言えども扱いが全く異なるんですね^^;

 

 

政宗はあの世でも家紋に囲まれている??

 

伊達政宗 独眼竜 家紋

 

政宗は亡くなる前に自身を祀る

 

霊屋「瑞鳳殿」を造ることを遺言としたそうです。

 

そして亡くなった翌年に「瑞鳳殿」は造営されます。

 

この「瑞鳳殿」には驚くほど沢山の

 

伊達家の家紋が描かれています。

 

特に目立つのは涅槃門(ねはんもん)と呼ばれる門。

 

この扉には秀吉にもらった菊紋が描かれています。

 

「瑞鳳殿」には伊達家のトレードマーク「竹に雀」、

 

「三引両」、更には「九曜紋」も描かれています。

 

九曜紋は家臣の片倉小十郎にあげてしまったと言われる家紋ですが、

 

やはり政宗には思い入れの強い家紋だったのでしょうか。

 

この他、「瑞鳳殿」のすぐ近くには二代目・忠宗の霊屋「感仙殿」、

 

三代目・綱宗の霊屋「善応殿」があり、

 

こちらも家紋が沢山描かれています。

 

 

伊達政宗の家紋に関するエピソード、

 

いかがでしたでしょうか?家紋だけでこんなに色々な

 

面白いエピソードが出てくる伊達政宗って

 

時代を大きく超えても本当に面白い人ですよね。

 

同時に数々のエピソードを通じて伊達家が

 

代々、家紋を大切にしていたことも伺えます。

 

現在、伊達家宗家によって「竹に雀」の家紋が

 

商標登録されているのも、代々家紋を大切にする

 

伊達家の伝統を受け継いでおられるのかもしれないですね。

 

引き続き、「歴史に隠された黒い噂と黒歴史」をお楽しみください!!

関連ページ

戦国武将!【伊達政宗】が残した子孫の行方と真相に迫る!!
戦国時代に、「独眼竜」と恐れられた武将が「伊達政宗」ですね。小田原や関ケ原という、天下の分け目となる重要な戦いで功績を遺したことが知られていま・・・
ハリウッドをも魅了したお洒落さん!?【伊達政宗】の兜・刀とは?
おしゃれな人のことを「伊達者」と言いますが、この言葉は戦国の武将、伊達政宗から来ていることをご存知ですか?真偽のほどはわかりませんが派手な格好をした伊達政宗とその家臣が由来・・・
実は文化人だった?!【伊達政宗】の名言からから垣間見える教養の高さ!!
戦国武将のヒーローの一人、伊達政宗はお洒落な甲冑や数々の大胆なエピソードから派手好きで気性の激しい荒くれもののイメージがありますが、一方で教養の高い人物だったことをご存知でしょうか? 政宗は幼い頃に天然痘で右目を失明しましたが、彼の父の輝宗はそんな政宗の将来を危惧し、政宗に様々な英才教育をしました。その英才教育のお陰で、政宗は詩歌や書、能、茶道など、多くの才能を開花させ、教養人、文化人として晩年の人生を謳歌します。更に、彼の教養の高さは数々の名言としても残されています・・・