【織田信長】の家臣で重要な人物5人とそれぞれの歴史

織田信長 家臣 羽柴秀吉(豊臣秀吉) 森蘭丸 明智光秀 佐久間信盛 織田家の顔 柴田勝家

 

織田信長には実力を兼ねそろえた、

 

素晴らしい家臣が多くいたと言われています。

 

天下泰平のため、天下統一を目指していた

 

織田信長」ですが

 

戦国の戦乱を勝ち抜くには一人では不可能

 

大活躍の裏には、影で支える家臣の存在が大きいのです。

 

では、織田信長にはどういった家臣がいたのでしょうか?

 

ここでは、織田信長の家臣で重要な人物5人についてご紹介してきます。

 

 

1人目:天下統一を果たした「豊臣秀吉」

 

織田信長 家臣 羽柴秀吉(豊臣秀吉) 森蘭丸 明智光秀 佐久間信盛 織田家の顔 柴田勝家

 

織田信長の家臣の中で、

 

その後の歴史で一番名前を残したのが

 

羽柴秀吉(豊臣秀吉)」ですね。

 

織田信長が死去してから、

 

実力を十分に発揮して大阪城を居城としながら、

 

信長の野望であった天下統一を見事に果たしました!

 

日本の歴史を見ても特筆すべき存在である豊臣秀吉は、

 

織田信長の家臣の頃からその実力を発揮しており、

 

信長は信頼を寄せていたそうです。

 

信長に仕える家臣の中でも、

 

百姓の子供だったので身分が一番低い立場でした。

 

冷たい視線を投げかけられる場面も少なくなかったようですが、

 

戦における実力は秀でており、

 

頭角を現すようになります。

 

以前は冷たい視線を投げていた家臣たちも、

 

秀吉の活躍に感銘を受けて

 

徐々に周囲からも信頼されるようになりました。

 

元々、織田信長は身分などは関係なく、

 

実力があればそれで構わないという、

 

サッパリした性格をしていたので

 

当初から信頼をしていたとされています。

 

織田信長が天下統一目前まで活躍したのは、

 

影で支える豊臣秀吉の存在が大きいのです。

 

 

2人目:謎多き「明智光秀」

 

織田信長 家臣 羽柴秀吉(豊臣秀吉) 森蘭丸 明智光秀 佐久間信盛 織田家の顔 柴田勝家

 

明智光秀といえば、「本能寺の変」で

 

織田信長を自害に追いやって

 

クーデターを成功させた人物として有名ですよね?

 

豊臣秀吉を凌ぐ実力者で、

 

13代将軍・足利義輝のときに幕臣だったと言われており、

 

そこから中途採用という形で織田軍の家臣になりました。

 

織田軍の家臣の中では一番早く出世をして、

 

坂本城を持ったところを見ると、

 

織田信長が信頼を置いていたというのも納得できます。

 

しかしお城の位置関係からして、

 

織田信長は明智光秀を怪しんでいたのではないか?

 

と推測ができるのだとか。

 

というのも、明智光秀が持った坂本城は、

 

織田信長の居城である安土城と同じ

 

近江国にありすぐ傍なんですね。

 

ここから、信長が常に傍に置いておきたい

 

優れた家臣だと読み取れるのですが、

 

違う考え方もできます。

 

何か怪しい行動をしたら、すぐに討つ」ことができるために、

 

傍に置いたのではないかという考え方です。

 

戦国時代はいつ誰が裏切るか、

 

まったく予想がつかない世界でした。

 

用心深い織田信長は、

 

実力者である明智光秀について

 

警戒をしていたのかもしれませんね。

 

予想していたかどうかは知るすべもないですが、

 

結局明智光秀は織田信長を裏切り

 

本能寺の変を勃発させました。

 

どうして明智光秀が織田信長を裏切ったのか、

 

今もに包まれており様々な節があります。

 

嫉妬や怨念、操り人形という説まで実に様々です。

 

背景はどうであれ、織田信長の家臣を考える上で

 

絶対に外せない重要人物であることは間違いありません。

 

 

3人目:献身に織田信長を支えた「森蘭丸」

 

織田信長 家臣 羽柴秀吉(豊臣秀吉) 森蘭丸 明智光秀 佐久間信盛 織田家の顔 柴田勝家

 

品行方正で知的でありながら、

 

立派な性格をしていたとされるのが「森蘭丸」ですね。

 

小姓(こしょう)として、

 

織田信長の身の回りの世話をした青年として、

 

現代でも人気の高い武将です。

 

容姿端麗頭脳明晰でないと

 

小姓は務まらないとされていましたが、

 

若い森蘭丸はその役を実に見事にこなしていました。

 

小姓はとても重要なポストで、

 

出世街道でもあったことから、

 

森蘭丸の将来が期待されていたのですが、

 

本能寺の変で信長と一緒に死んでしまいます。

 

森蘭丸について、詳しく記述された書物は残されておらず、

 

性格が独り歩きしている部分も多いです。

 

素晴らしい性格を持っていると思われがちですが、

 

実は冗談を言ったり生意気な態度を

 

取ったりしていた時期もあったようで、

 

周囲をハラハラさせる場面もあったのだとか。

 

まだまだ若い森蘭丸でしたから、

 

ある程度は仕方ないのかもしれませんね。

 

 

4人目:老臣の一人「佐久間信盛」

 

織田信長 家臣 羽柴秀吉(豊臣秀吉) 森蘭丸 明智光秀 佐久間信盛 織田家の顔 柴田勝家

 

織田家で古くから家臣として従えていた老臣の一人が、

 

佐久間信盛(さくまのぶもり)」です。

 

織田信長よりも7歳年上で、

 

頭脳明晰であり戦略にも長けていた為、

 

長年織田家から信頼を置かれていました。

 

後述する柴田勝家と並ぶ老臣として有名であり、

 

織田信長の家臣の中でも重要なポストに就いていました。

 

ところが、本能寺の変において

 

織田信長が明智光秀に討たれるおよそ2年前に、

 

突然リストラを告げられてしまい高野山に追放されます。

 

  • 三方原の戦いにおいて完敗した
  • 石山本願寺攻めの長期化

 

この2つがリストラした主な理由だとされています。

 

三方原の戦いは、武田信玄徳川家康が衝突した戦として有名ですが、

 

このとき徳川家康から救援要請が織田軍に届きました。

 

しかし織田信長は本陣から動けなかったため、

 

佐久間信盛を筆頭に3000兵ほどを送り出します。

 

ところが、武田信玄は織田信長ですら恐れるほどの戦上手。

 

武田軍2万5千に対して、徳川軍は1万あまり。

 

数の差でも勝てる見込みはなく、完敗してしまったのです。

 

また、石山本願寺攻めに派遣されたとき、

 

荒木村重が突如として反乱したこともあり戦いが長期化。

 

決して佐久間信盛が怠慢だったワケではありませんが、

 

結果がすべての戦国時代、

 

処分を受けても仕方ない現状だったのです。

 

佐久間信盛は子供の信栄と一緒に高野山へ追放されてしまいました。

 

この1年後、十津川温泉で病気療養中に病死してしまいます。

 

 

5人目:織田家の顔「柴田勝家」

 

織田信長 家臣 羽柴秀吉(豊臣秀吉) 森蘭丸 明智光秀 佐久間信盛 織田家の顔 柴田勝家

 

猛将として知られ、「織田家の顔」とも言われたのが

 

柴田勝家」です。

 

現在の福井県の戦国大名で、

 

織田信長の妹「お市の方」と結婚し、

 

お市の方の連れ後である三姉妹の義父となります。

 

新田開発や道路の開墾などの

 

民政にもその才能を見出していました。

 

織田家顔と言われた柴田勝家は、

 

念願の家庭を持つことができ幸せに暮らしていましたが、

 

その幸せも長くは続きませんでした。

 

織田信長が本能寺の変で倒れた後、

 

犯人である明智光秀を討伐しようと考えていましたが、

 

そのとき勝家は越後に拠点を構える

 

上杉景勝と対峙中だったのです。

 

そんな勝家を横目で見つつ、明智光秀を討伐したのは

 

羽柴秀吉(豊臣秀吉)でした。

 

織田信長の敵を、秀吉に取られたということで、

 

柴田勝家の求心力は急低下

 

信長の後継者を決めた「清須会議」においては、

 

秀吉に主導権を握られその差は大きくなる一方。

 

このままではいけないと判断した勝家は、

 

秀吉と賤ヶ岳で戦うことになりました。

 

ここで秀吉に負けてしまった勝家は、

 

三姉妹を秀吉のところに逃がし、

 

天守閣に火を放ちお市の方と共に命を絶ったのです。

 

 

いかがでしたか?

 

織田信長には優秀な家臣が多く存在していましたが、

 

その中でも特に重要な人物を絞って紹介しました。

 

現代社会でいえば、会社の組織に該当するものですが、

 

役割や存在感は比べものになりません。

 

天下統一を一人で果たすことは、

 

いくら天才の織田信長でも不可能であり、

 

そこには優秀な家臣がいたというのは言うまでもありませんね。

 

日本史上最大のミステリー本能寺の変に新事実!」も合わせてお楽しみください!!

 

引き続き、「歴史に隠された黒い噂と黒歴史」をお楽しみください!!

関連ページ

【織田信長】日本史上“最大のミステリー”「本能寺の変」に新事実が?!
戦国武将の中で、現代でも人気が高いのが「織田信長」と「武田信玄」ですよね。 両者とも、同じ時代に生きており戦国武将としてその名を全国に知れ渡らせていました。お互いがライバル関係にあったのですが、一度も直接戦うことはありませんでし・・・
【織田信長】の本音!織田信長と武田信玄が直接対決しなかった理由
戦国武将の中で、現代でも人気が高いのが「織田信長」と「武田信玄」ですよね。 両者とも、同じ時代に生きており戦国武将としてその名を全国に知れ渡らせていました。お互いがライバル関係にあったのですが、一度も直接戦うことはありませんでし・・・
【織田信長】って何をした人?織田信長の歴史を分かりやすく解説
誰もが一度は名前を聞いたことがある戦国武将と言えば、「織田信長」ですよね。「鳴かぬなら、殺してしまえ、ホトトギス」織田信長の性格を表す言葉として、あまりにも有名です。そんな・・・
【織田信長】に隠された性格が分かるマル秘エピソードを暴露します
戦国武将の中でも、抜きんでた才能を見せつけたのが「織田信長」ですよね。現代でも、49年という人生に詰め込まれた数々のエピソードは、色あせることを知りません。そんな織田信長ですが、どういった性格を・・・
【織田信長】が【森蘭丸】を信頼した2つの理由とは?!
織田信長の家臣として、最期まで献身的に主君を支えたのが「森蘭丸」ですね。現代でも、時代劇や映画などで重要な役割を演じているなど、人気が高い戦国武将です。そんな森蘭丸ですが・・・
【織田信長】が政略結婚していた!?妻【濃姫】の人物像とは?!
織田信長の正室として、その名前は現在でも知られているのが「濃姫」ですね。本名は帰蝶と呼ぶそうですが、有名の割にどういった人物なのかほとんど文献が残されていません。晩年はどう過ごしたのか、謎に包まれている濃姫ですが、どんな人生を過ごしてきたのでしょ・・
【織田信長】が黒人【弥助】を家臣にした本当の理由とは?!
織田信長には優秀な部下(家臣)がおり、様々な場面で信長を助けてきました。天下統一目前まで躍進できたのも、優秀な家臣がいたからこそです。そんな家臣の中でも、異彩を放っているのが「弥助」という・・・
裏切りが原因?【織田信長】と浅井長政の敵対した理由とその後…
織田信長と同盟関係を結んでいたのが、「浅井長政」ですね。少なからず同盟関係を結んでいたということは、お互いの利害が一致していたハズですが、後に2回も戦う事態になります。一度同盟を結んだ相手に対して、自分からは決して裏切らない性格を持つ織田信長を考えると、2回・・・
【織田信長】はA型?B型?性格から分かる織田信長の血液型とは?
戦国武将の中で、今でも人気が衰えないのが「織田信長」ですね。短気で残忍な性格をしていたとされていますが、どこまで性格が本当なのか全て分かってはいません。そんな織田信長の性格を考える上で参考にされているのが、「血液型」と言い・・・
【織田信長】の妻は誰?織田信長が愛した8人の美人妻とは?
織田信長といえば、誰もが知っている戦国時代の武将ですよね。戦国時代における三英傑の一人として数えられており、その最期も謎に包まれているという不思議な人物です。そんな織田信長には側室を含めて8人の妻・・・
【織田信長】が残した3人の子孫と壮絶な生涯とは!?
天下人になるという野望を抱きながら、到達目前で命を落としたのが「織田信長」ですね。信頼していた家臣から裏切られた気持ちはいかほどだったのか、現代に生きる我々でも無念の気持ちを・・・
裏エピソード!【織田信長】と斎藤道三に隠された2人の関係とは?
織田信長が天下統一目前まで到達できたのは、「斎藤道三」のおかげだと言われています。もし斎藤道三がいなければ、信長は天下統一という目標を途中で諦めていたかもしれません。そこまで影響力のある斎藤道三と、織田信長は・・・
【織田信長】が残していった11人の子供と生涯・裏話!!
織田信長といえば、戦国時代の三英傑の一人であり、天下統一目前まで果たした武将として有名ですよね。そこまで有名になった織田信長ですが、その子供がどんな活躍をしたのかはほとんど分かっていま・・・