【西郷隆盛】の愛犬の名前が判明!犬を飼っている理由がヤバかった…

西郷隆盛 犬 ツン 薩摩犬 ダイエット 上野恩賜公園

 

明治維新に大きく関与した政治家で、

 

武士でもあり軍人でもあるのが

 

西郷隆盛」ですね。

 

歴史の教科書に必ず登場するほど有名人で、

 

ドラマや映画の題材になるほどですから、

 

知らない人も少ないでしょう。

 

そんな西郷隆盛ですが、

 

がセットで登場しますよね?

 

どうして西郷隆盛と言えば、

 

犬好き」なのでしょうか?

 

ここでは、

 

西郷隆盛の愛犬の名前やいつも犬と一緒にいる本当の理由

 

についてご紹介してきます。

 

 

西郷隆盛がいつも犬と一緒にいる理由

 

西郷隆盛 犬 ツン 薩摩犬 ダイエット 上野恩賜公園

 

西郷隆盛と犬がセットになっていると、

 

多くの人がイメージするのは

 

上野恩賜公園」に建っている

 

銅像の印象が強いからではないでしょうか?

 

写真が嫌いで、生涯1枚も撮っていないか、

 

もし撮っていたとしても

 

処分してしまったようで1枚も残されていません。

 

銅像の姿が本当の顔なのか、

 

それともイメージなのかは定かではないとされています。

 

それでも犬がセットになっているというのは、

 

イメージとは少し違っていて

 

事実である可能性のほうが高いですよね?

 

その当時から「西郷隆盛といえば犬!」という

 

イメージがあったとは考えにくいですから、

 

実際に犬を飼っていたと分かります。

 

どうして犬を飼っていたのかについては、いくつか説があります。

 

 

1:西郷隆盛は犬が大好きだった

 

西郷隆盛 犬 ツン 薩摩犬 ダイエット 上野恩賜公園

 

西郷隆盛の銅像に犬がセットになっている理由として、

 

犬が大好きだった」というものがあります。

 

動物全般に愛情を注いでいたとされる西郷隆盛は、

 

その中でも忠節心が強く頼もしい犬に惹かれたようです。

 

実家には数匹の犬が飼育されており、

 

毎朝と夕に散歩する姿を

 

地元の人は何度も目撃していたのだとか。

 

とても聡明で礼儀正しいと評判の隆盛は、

 

道行く人に気軽に挨拶していたのだとか。

 

犬を散歩させる習慣を現代風にアレンジしたのも、

 

西郷隆盛だと言われています。

 

それだけ犬が好きだったから、

 

銅像には犬も作ってセットで描いたんでしょうね。

 

 

2:親族から薩摩犬を引き受けて飼っていた

 

西郷隆盛 犬 ツン 薩摩犬 ダイエット 上野恩賜公園

 

西郷隆盛は元々そこまで犬が好きではなく、

 

親族から薩摩犬を預かったことが

 

キッカケで犬を飼うようになりました。

 

散歩をさせるだけでなく、

 

当時自然が豊かだった東京の地で、

 

兎狩りをするなどして遊んでいました。

 

趣味の一環として始めた狩りは、

 

人生の一部になるほど

 

西郷隆盛の楽しみの一つだったんですね。

 

その頃から、犬と一緒に生活するのが

 

当たり前のスタイルになっていき、

 

西南戦争で最期を迎えるときまで犬と一緒だったと言います。

 

最初から犬好きではなく、人生を共に歩むようになってから

 

次第に心を開いたというエピソードは、

 

多くの人に支持されていますね。

 

ところが、一番事実だとされるのはこの説ではありません。

 

 

3:肥満解消(ダイエット)のため犬と一緒に散歩していた

 

西郷隆盛 犬 ツン 薩摩犬 ダイエット 上野恩賜公園

 

実は西郷隆盛が犬を飼った目的は、

 

ダイエット」のためだと言います。

 

軍人当時の西郷隆盛は前線で活躍していたので、

 

体型はとてもスラっとしていたようです。

 

ところが明治維新の後は政治家となり、

 

今でいうところのデスクワーク

 

主な仕事に変わりました。

 

雑務は部下が行ってくれるようになり、

 

今までの生活習慣とは大きく変わってしまったのです。

 

お酒が一滴も飲めなかった西郷隆盛ですが、

 

代わりに脂っこいものや甘いものが大好物で、

 

バクバク食べているうちに肥満体型になっていきました。

 

いよいよドクターストップもかかってしまい、

 

医師から勧められたのが

 

犬を飼う」というものだったのです。

 

当初、西郷隆盛は犬を飼わずに兎狩りをしていました。

 

1人で狩るのも退屈だと考えた西郷隆盛は、

 

医師に勧められた犬を飼ってみることに。

 

すると一緒に狩りをする楽しさを覚え、

 

どんどん体重が落ちていったと言います。

 

 

西郷隆盛の愛犬の名前は?

 

西郷隆盛 犬 ツン 薩摩犬 ダイエット 上野恩賜公園

 

犬に名前をつけて可愛がるのは、

 

紀元前から行われていたようです。

 

西郷隆盛も例外ではなく、

 

愛犬には名前を付けて可愛がりました。

 

その名前は「ツン」と呼んだそうです。

 

上野恩賜公園に西郷隆盛と一緒にいる犬は、

 

同じ薩摩犬ですがオスだと言われています。

 

隆盛が一緒にいたとされる薩摩犬はメスだったようですから、

 

恩賜公園の銅像の犬が

 

ツンではない」ことが分かりますね。

 

実は隆盛はツンの他にも

 

幾頭もの犬を飼育していたようで、

 

そのうちの一匹なのでしょうね。

 

 

いかがでしたか?

 

西郷隆盛と犬がセットになっている理由について、

 

現在挙げられている説をいくつか見ていきました。

 

それにしてもこよなく愛した薩摩犬のツンが、

 

上野恩賜公園の銅像の犬ではないというのは、

 

ちょっと意外ですよね。

 

引き続き、「歴史に隠された黒い噂と黒歴史」をお楽しみください!!

関連ページ

【西郷隆盛】の兄弟の活躍も凄かった?!
幕末維新の立役者西郷隆盛。 その功績はあまりにも有名ですが、隆盛のプライベートに関してはそれほど知られていません。 NHK大河ドラマ「西郷どん」(せごどん)などでも描かれていますが、やはりドラマですね。 ある程度の脚色とフィクションが織り交ざっているのは否めません・・・
【西郷隆盛】の真実! プライベートも波乱万丈、そしてその子供は?
西郷隆盛、歴史にそれほど詳しくない人でも「この名前を一度も聞いたことがない。」という日本人はおそらくいないのではないでしょうか。 明治維新の立役者であり、現代日本の礎を築いた英雄に間違いありません。 しかし、歴史家の間では「西郷隆盛の評価は難しい。」とも言われます。 それもそのはず、倒幕をなし明治維新を成し遂げながら、後には日本最後の内戦といわる「西南戦争」の首謀者として自殺を遂げてしまいます。
【西郷隆盛】 名言から暴く人物像とは?!
「敬天愛人」(けいてんあいじん)という言葉を耳にしたことがありますか?西郷隆盛が好んで使った言葉です。座右の銘であったとも言えますね。 「道は天地自然の道なるゆえ、講学の道は「敬天愛人」を目的とし、身を修(しゅう)するに 克己(こっき)を以て終始せよ。」 維新後、下野して不平士族のために開いた学校、私学校でもこのようのに説いています。
【西郷隆盛】の戦争!壮絶なる最後とは?!
明治維新の立役者西郷隆盛はなぜ、せっかく築き上げた新政府と戦うことになったのか? そして、なぜ壮絶な最後を遂げなければならなかったのか? 日本の英雄にして逆賊、西郷隆盛の壮絶な最後とその背景について考えて見て行きましょう!!
【西郷隆盛】 はモテモテ? 3人の妻の秘密に迫る!!
明治維新の立役者にして幕末の英雄である西郷隆盛。この名前を知らない日本人はいないと言ってもいいでしょう。 倒幕を成し遂げ明治新政府樹立の道を開いたこの人物は、人並みはずれて器の大きい男であったのは間違いありません。 それでは、その大きな器を支えた「妻」の存在はご存知でしょうか? いったい西郷隆盛の奥さんとはどんな女性だったのでしょうか・・・
徹底追跡!! 【西郷隆盛】の子孫たちのその後とは?!
維新の立役者である西郷隆盛には、3人の妻と5人の子供がいました。 西南戦争で命を落とし、一時は逆賊の汚名をきた西郷隆盛ですが、現在では鹿児島の英雄で、その子孫も元気に活躍しています。 いったい、西郷隆盛の子孫は、今どうしているのか?気になるところですよね・・・