アドルフ・ヒットラーが的中させた恐ろしい3つの予言とは?

ヒトラー 予言

 

最恐の独裁者として20世紀にその名を残したのが、

 

アドルフ・ヒットラー」ですね。

 

独裁政治がどんな結末を迎え、

 

どんな負の面を持つのかについて

 

体現した反面教師的役割も持っています。

 

そんなヒトラーですがあまり知られていない事実として、

 

予言」があります。

 

ヒトラーは予言を多く残しており、

 

そのどれもが当たっていると有名なんです。

 

ではヒトラーは、どんな予言を発表しているのでしょうか?

 

ここでは、

 

アドルフ・ヒットラーが的中させた恐ろしい3つの予言

 

についてご紹介してきます。

 

 

ヒトラーが予言できる理由とは?

 

ヒトラー 予言

 

独裁者は、民衆から賛同を得られなければ存在することができません。

 

しかし時には独走と見なされる政治は、

 

民衆を離れさせるきっかけにもなります。

 

そこでヒトラーは、「講演」という手段を用いて、

 

民衆とマスメディアを上手くコントロールしてきたのです。

 

それは伝える能力に長けているだけでは不可能で、

 

一種のカリスマ性がヒトラーになければ周囲を惹きつけることはできないでしょう。

 

民衆を惹きつける力がヒトラーにはあったのです。

 

しかし、カリスマはずっと長くは維持できないもの。

 

新しい魅力を常に出し続けなければならず、

 

そこにヒトラーは苦労します。

 

そこで思いついたのが、「創造」です。

 

つまり、ありもしない能力をヒトラーが持っていると民衆に思わせ、

 

「彼に従えば間違いない」と思わせるようにしました。

 

その一環として「予言」があるのです。

 

奇跡的な力や超常現象についても、いくつか特徴があるとも伝えられており、

 

これらはマインドコントロールするための道具に過ぎないと現在は見ています。

 

ヒトラーが出した恐ろしい3つの予言

 

ヒトラー 予言

 

ヒトラーが予言を出したのは、

 

民衆を惹きつけるためだと言われていますが、

 

その予言が見事に的中している場合もあり

 

侮れないと言われるようになりました。

 

ヒトラーは多くの予言を出しているのですが、

 

大きく分けると以下のように3つの年代で発表しています。

 

1:1990年以降の予言

 

ヒトラー 予言

 

ヒトラーは1990年以降の世界情勢について、

 

次のように予言しています。

 

「自然を汚した人類は、宇宙からの想像を絶するエネルギーを受け

 

大きな損害を受けるだろう。それは世界の少数な二極化をうむ」

 

「世界は混乱し、ナチスが開発した武器を使いより多くの混乱が生じる。

 

その混乱の中から「偉人」が登場し、その偉人が世界を救うだろう」

 

ここでヒトラーは、宇宙から想像もできないようなエネルギーが降ってくると予言しています。

 

何を意味しているのかは不明ですが、隕石の落下が一番打倒ではないでしょうか?

 

隕石衝突の結果、世界が大混乱になり

 

そこから端を発した世界大戦に突入。

 

混沌とした世界の中で偉人が登場し、

 

世界に平和が訪れると結ぶこの予言、

 

一番の問題部分は「偉人」ですね。

 

この偉人は当然ヒトラーです。

 

しかし残念ながら予言が成就する前に、ヒトラーは息絶えてしまいました。

 

スポンサーリンク

 

2:2014年に起こる予言

 

ヒトラー 予言

 

ヒトラーは2014年に限定した予言を出しています。

 

「アメリカ、ヨーロッパの3分の1は消滅し、

 

中国と日本も大打撃を受けるがかろうじて生き残る。

 

ドイツも深い痛手を負うが負けることはない」

 

2014年に起こるであろう世界情勢を予言したものですが、

 

どうしてこのような状態になるのかは分かりません。

 

もしかしたら第三次世界大戦や核戦争、

 

自然災害などが発生すると考えていたのかもしれませんね。

 

しかし2014年を過ぎても、このような状態にはならなかったので

 

2014年の予言は外れたことになります。

 

ヒトラーは1990年以降に出した予言が、

 

2014年にも同様に続いているという点を強調したのではないか

 

とも指摘されていますが、確かめようがありません。

 

3:2039年に起こる予言

 

ヒトラー 予言

 

ヒトラーが出した予言の中で、

 

まだその期間になっていないのが2039年の予言です。

 

「2039年には人類は地球を旅立ち。

 

神のほうへ「進化」して「神人」になる人物が出てくるだろう。」

 

2039年といえば、「技術的特異点」が起こるだろうと考えられている年代で、

 

人工知能が人間の頭脳を超えるのではと危惧されています。

 

神人が人工知能を意味しているとすれば、

 

信憑性はあるかもしれませんね。

 

また予言には続きがあります。

 

「神人は人間には想像できない発明をし、

 

危機はすべて解決してくれる。

 

人間はただのロボットのように気楽に生きる」

 

人工知能が人間の頭脳を超えて、

 

人間側をロボットのようにさせてしまうとも捉えられませんか?

 

いずれにしても、2039年の予言はまだ先のことなので

 

外れているかどうかは分かりません。

 

 

いかがでしたか?

 

ヒトラーは3つの予言を残しているんですね。

 

2つは外れていますが、残りの1つ

 

まだ未来の話なのでどうなるかは分かりません。

 

独裁者として民衆を惹きつけてきたヒトラーには、

 

果たして特殊な能力があるのかは、

 

2039年に判明するでしょう。

 

引き続き、「歴史に隠された黒い噂と黒歴史」をお楽しみください!!

関連ページ

キリストは実在しない?イエスキリストの存在を否定する3つの説
神の初子で、天使とも言われているのがイエスキリストですね。厳密には神様ではありませんが、それに似た不思議な力を持っていたと言われており、日本でも知らない人はいないほど・・・
イエスキリストに子孫はいる?いない?聖書や言い伝えで分かる真実
キリスト教に関心が無かったとしても、イエスキリストの名前ぐらいは聞いたことがある人も多いでしょう。クリスマスを祝う習慣は、日本でも浸透していますから、こうした部分が大きく影響しているのかもし・・・
暗殺は組織的な犯行?ケネディ大統領の暗殺に残る3つの謎とは?!
アメリカ35代大統領として、様々な業績を残してきたのが「ケネディ」ですね。活躍を続けていれば、間違いなくアメリカの歴史は変わっていただろうと言われてい・・・
アインシュタインは天才脳だった!一般人の脳と違う3つの理由とは?!
近代物理学の父とも呼ばれる存在が、「アインシュタイン」ですね。宇宙の成り立ちや、時間という概念など物理学の基礎を作った人物としてあまりにも有名です。そんなアインシュタインですが、死後解剖され脳は保存されているとのこと・・・
アドルフ・ヒトラーが子孫を残さなかった3つの説とは?
独裁者の典型としてよく挙げられるのが、「ヒトラー」ですよね。多くの人を恐怖に追いやった政治家として、現在でも様々な題材に使われています。そんなヒトラーですが、子孫はいるのでし・・・