【武田信玄】の死因がついに判明!死因5つの説を暴露!!

武田信玄 死因 結核 暗殺 毒殺 胃がん 日本住血吸虫病 風林火山

 

戦国時代に存在した数多くの武将の中でも、

 

飛び抜けた実力を持っていたのが

 

武田信玄」ですね。

 

風林火山」の旗印は特に有名で、

 

どんな試練にも乗り越える力強さを感じることができます。

 

そんな武田信玄ですが、

 

死因にはいくつかの説が挙げらているようです。

 

ここでは、

 

田信玄の死因として考えられている5つの説

 

についてご紹介してきます。

 

 

1:武田信玄は結核になって死んだ

 

武田信玄 死因 結核 暗殺 毒殺 胃がん 日本住血吸虫病 風林火山

 

一般的に武田信玄の死因として考えられているのが、

 

結核」です。

 

幕末期に活躍した沖田総司や、

 

高杉晋作なども結核で命を落としていることで有名ですね。

 

昔は結核を「不治の病」としており、

 

お祓いの対象になるなど

 

民衆を中心にして恐れられてきました。

 

武田信玄の侍医が残した書物によれば、

 

武田信玄は呼吸をする度に苦しみ、

 

吐血もしていたようです。

 

こうした症状から考えると、

 

結核という可能性が浮上してくるワケです。

 

江戸時代の儒学者が残した、

 

武家事記」でも、

 

武田信玄の死因は結核だと記しています。

 

 

2:誰かに暗殺されて死んだ

 

武田信玄 死因 結核 暗殺 毒殺 胃がん 日本住血吸虫病 風林火山

 

武田信玄は病死ではなく、

 

暗殺」されたのではないかと指摘する人もいます。

 

というのも、愛知県新城市にある法性寺に、

 

信玄が撃たれた場所」というものがあるのです。

 

そこには看板が立てられていて、

 

それによれば武田信玄は

 

野田城内部から流れてくる

 

見事な楽曲に惹かれて外に出たところ、

 

狙撃された」とあります。

 

狙撃は見事に成功し、

 

信玄は致命傷を負い命を落としたとのこと。。??

 

ただこの看板には、ハッキリと

 

伝説(言い伝え)」と

 

記載されており創作である可能性を指摘しています。

 

武田信玄は武将としての能力だけでなく、

 

文化人としての資質も備わっていました。

 

こうした信玄の人間性があるので、

 

メロディに惹かれてという創作が出たのかもしれません。

 

 

3:毒殺されて死んだ

 

武田信玄 死因 結核 暗殺 毒殺 胃がん 日本住血吸虫病 風林火山

 

暗殺に似ていますが、

 

信玄が吐血をして死去したという記述から

 

病気ではなく「」を盛られて

 

死亡したのではないかとも指摘されています。

 

武田信玄が元気で勢いがあると、

 

一番迷惑を受けるのが織田信長です。

 

信長ですら信玄の実力には恐れを感じていたようで、

 

どうにか戦わないように四苦八苦していました。

 

ところが天下人になるという野望を持つ信長ですから、

 

いずれは信玄と戦わなければいけません。

 

正面から突破するのは難しいと判断した信長は、

 

信玄に毒を盛って毒殺したのではないか?

 

というのが、この説が出た理由です。

 

信長にとって都合が良いタイミングで

 

信玄が死去したというのも、怪しいですよね。

 

 

4:胃がんになって死んだ

 

武田信玄 死因 結核 暗殺 毒殺 胃がん 日本住血吸虫病 風林火山

 

病死という点では結核と同じですが、

 

病気の種類が違うのが「胃がん」ですね。

 

胃がんは成人男性の死亡原因の上位であり、

 

それは古くから変わっていないと考えられています。

 

武田三代記」という書物によれば、

 

信玄はを病んでいた」と記載されており、

 

これは今の表現に直せば胃がんを意味しているのです。

 

胃がんは最初は無症状ですが、

 

進行が進むと急激に症状が出てくるようになり、

 

吐血や下痢、高熱、嘔吐などが見られるようになり、

 

最終的には衰弱し多臓器不全で死亡します。

 

胃がんを誘発する恐れがあるものとして、

 

ピロリ菌」があります。

 

信玄が支配していた山梨県は、

 

湧き水が多く存在しますが

 

湧き水にはピロリ菌が多い場合もあり、

 

もしかしたらそれが原因になっているかもしれません。

 

 

5:日本住血吸虫病という寄生虫に侵されて死んだ

 

武田信玄 死因 結核 暗殺 毒殺 胃がん 日本住血吸虫病 風林火山

 

日本住血吸虫病」という寄生虫による病気をご存知でしょうか?

 

日本は世界で唯一撲滅に成功した国として知られており、

 

日本で確認されることはなくなりました。

 

ですが戦国時代は流行していたようですから、

 

武田信玄もこの日本住血吸虫病を

 

発症していた可能性があります。

 

というのも、日本住血吸虫病は

 

山梨県を中心として流行を見せており、

 

原因不明の感染症」として

 

恐れられてきた歴史を持っているからです。

 

武田信玄の侍医は、触診で

 

腹部が異常に膨れていることを報告しています。

 

実は、日本住血吸虫病に感染すると、

 

腹水などを発症して腹部が大きく膨れてしまうのです。

 

消化器官を食い荒らす寄生虫の影響で、

 

最終的には肝硬変を引き起こして死亡します。

 

そのため信玄も日本住血吸虫病が原因で

 

死亡したのではないかと、

 

最近の研究で考えられているようです。

 

 

いかがでしたか?

 

元気であれば天下人になるだけの

 

実力を持っていたとされる武田信玄。

 

病死説が今のところ信憑性が高いようですが、

 

戦国時代でも現代でも

 

健康が何よりも大切だと気付かされますね。

 

引き続き、「歴史に隠された黒い噂と黒歴史」をお楽しみください!!