【坂本龍馬】はフリーメイソンの一味?龍馬とグラバーの関係と裏事情

坂本龍馬 亀山社中 フリーメイソン トーマス・グラバー ティチング

 

日本で初めて株式会社を設立した

 

と言われるのが、「坂本龍馬」ですね。

 

幕末から明治という激動の時代を駆け抜けた、

 

中心人物と言っても過言ではありません。

 

そんな坂本龍馬の活躍ですが、

 

実は裏でフリーメイソンが操っていたという噂があります。

 

果たして、坂本龍馬はフリーメイソンと

 

何か関係があるのでしょうか?

 

ここでは、

 

坂本龍馬とフリーメイソンの関係と裏事情

 

についてご紹介してきます。

 

 

「秘密結社」フリーメイソンとは?

 

坂本龍馬 亀山社中 フリーメイソン トーマス・グラバー ティチング

 

坂本龍馬とフリーメイソンの関係性を確かめる前に、

 

フリーメイソン」について簡単に見てみましょう。

 

フリーメイソンとは14世紀にイギリスで誕生した、

 

秘密結社」です。

 

当初は石工技術を後世に伝えるために、

 

ギルドと呼ばれるグループを形成し、

 

そこで技術を伝え続けることを目的にしていました。

 

身内の専門集団が切磋琢磨をしたほうが、

 

技術力はさらに向上するためギルドを作ったんですね。

 

こう見ると分かる通り、

 

技術を後世に伝えるための組織なので、

 

何も怪しいところはありません。

 

ところが世間一般的に広まっている噂では、

 

会員には貴族や当時の現役大統領など時代を動かした

 

一級人物が名を連ねているのだとか。

 

それにより、フリーメイソンは世界を裏で操る秘密結社

 

という立ち位置になっていったのです。

 

フリーメイソンは世界各国に会員を派遣し、

 

その国の情勢などを把握して

 

どうすれば操ることができるのか?

 

を知るために情報収集をしているようです。

 

日本に最初にやってきたフリーメイソンは、

 

どうやら江戸時代後期にきた

 

ティチング」だと言われています。

 

その後も度々フリーメイソン会員が日本に来日しており、

 

坂本龍馬と関係しているのが

 

トーマス・グラバー」です。

 

坂本龍馬はグラバーから

 

度々援助をしてもらっており、

 

だからこそ成功を収められました。

 

坂本龍馬の成功は、

 

フリーメイソンのバックアップなくしてあり得なかった

 

というのが、この噂のカギとなるのです。

 

 

フリーメイソンと坂本龍馬に隠された関係性とは?

 

坂本龍馬 亀山社中 フリーメイソン トーマス・グラバー ティチング

 

どうして坂本龍馬とフリーメイソンが

 

関係しているのか分かったところで、

 

ラバーと坂本龍馬がどうして関係を強くしていったのか

 

について見ていきましょう。

 

仮にグラバーがフリーメイソン会員だったとするならば、

 

これまでの関係性を見る限りですと龍馬は

 

上手く利用されていただけに過ぎないことが分かります。

 

というのも、龍馬は日本で最初の商社

 

亀山社中」を設立しました。

 

貿易をして商品を取り寄せ、

 

日本で売りさばくという

 

近代の貿易業と同じ流れで

 

利益を出していたんですね。

 

龍馬が最初に買い付けた商品は、

 

7000挺を超えるライフル銃で、

 

長州を対象に売りさばいていたようです。

 

設立して間もない商社が、

 

ライフル銃軍艦といった

 

大掛かりでお金のかかる商品を扱えるとは、

 

ちょっと考えにくいですよね?

 

そこでパイプ役として登場するのがグラバーなのです。

 

いくら坂本龍馬でも、グラバーのバックアップがなければ

 

亀山社中を成長させることも、

 

軌道に乗らして活躍することもできなかったでしょう。

 

グラバーと龍馬は、切っても切れない関係になっていたのです。

 

 

坂本龍馬はフリーメイソンの知識を密かに渡航していた!?

 

坂本龍馬 亀山社中 フリーメイソン トーマス・グラバー ティチング

 

1863年に長州にいた伊藤博文や、

 

井上馨などの5人が欧州に密かに渡航します。

 

実はこのとき秘密裏に協力したのが

 

グラバーだと言われています。

 

このとき、名前は載っていませんがグラバーからの命令により、

 

龍馬も欧米へ渡航していたのではないか?

 

と言われているのです。

 

欧州に渡ったとき、フリーメイソンの知識や技術力を

 

学び吸収していきました。

 

渡航から帰ってきた龍馬は、

 

フリーメイソンの知識や技術力が

 

自分の考えを大きく変えたことを証明するように、

 

今までの龍馬ではなくなったという証言があります。

 

渡航する前と後では、考え方や思想、

 

行動力が大きく変わっており、

 

今まで考えもしなかった作戦を

 

次々と立てるようになったのだとか。

 

坂本龍馬の活躍で倒幕が起き

 

明治維新が発生したところを考えると、

 

フリーメイソンが明治維新を起こすために

 

バックアップしたとも考えられる訳です。

 

では、どうしてフリーメイソンは

 

日本で倒幕から明治維新

 

という状況を作ろうと思ったのでしょうか?

 

そこには、グラバーの考えが大きく映っていたのでした。

 

坂本龍馬 亀山社中 フリーメイソン トーマス・グラバー ティチング

 

ここまでの内容を少しまとめてみますね。

 

  • フリーメイソンは14世紀に誕生し、世界を裏で操っていると言われる「秘密結社」
  • 世界各地にフリーメイソン会員がおり、グラバーもその一人だった
  • グラバーは日本で明治維新を起こすため、龍馬をバックアップという形で操っていた

 

一つ疑問が残りますよね。

 

どうしてグラバーは、日本という小さな島国で

 

明治維新を起こすために奮闘したのかという謎です。

 

ここは、当時のフリーメイソンの考え方を

 

照らしてみると、よく理解できます。

 

今とは違い、当時のフリーメイソンは

 

ビジネスライクな考え方を持っており、

 

簡単に言えば「お金儲け」に偏っていたんですね。

 

グラバーも同じ考えを持っていたので、

 

お金儲けのために明治維新を

 

引き起こしたと考えられるのです。

 

倒幕から明治維新に移行するには、

 

当然外国からきたグラバー一人では

 

何の戦力にもなりません。

 

そこで知恵を絞ったグラバーは、

 

当時勢いのあった坂本龍馬に目をつけ、

 

歩み寄ったのです。

 

では、坂本龍馬はフリーメイソンの会員になったのでしょうか?

 

どうやらその可能性は低いようです。

 

渡航した際、本当にフリーメイソンと

 

接触したのかを確かめる術もありませんし、

 

もし会員だとしたら

 

暗殺されることもなかったハズです。

 

グラバーは龍馬を操った後、

 

証拠隠蔽のために暗殺させ、

 

自分の財力を高くしていったのだとか。

 

現在の三菱の母体となる

 

土佐商会」は、

 

グラバーが顧問をしていたとも言われています。

 

フリーメイソンは現代社会にも大きな影響を与えるように、

 

初期の頃から日本に接近していたと分かりますね。

 

 

いかがでしたか?

 

坂本龍馬はフリーメイソン会員であるグラバーに、

 

裏で上手く操られて明治維新を引き起こしたと

 

噂されている理由について、いくつか見ていきました。

 

本当に操られていたのかを確かめる術はありませんが、

 

設立して間もない亀山社中がどうして

 

大量の武器や軍艦を取引できたのかは不思議ですよね。

 

裏側に秘密結社がいるという噂は、

 

こうした部分を根拠にして登場したものなのです。

 

そんな龍馬の最後、

 

龍馬暗殺の実行犯とは!?

 

も合わせてどうぞ!

 

引き続き、「歴史に隠された黒い噂と黒歴史」をお楽しみください!!

関連ページ

【閲覧注意】坂本龍馬の暗殺実行犯と見られている7つの組織とは?!
幕末から明治維新にかけて活躍し、その姿は現在でも尊敬の眼差しを受けているのが「坂本龍馬」ですね。日本で初めての株式会社、「亀山社中」を作ったことでも知られていま・・・
【坂本龍馬】の妻「お龍」は幕府のスパイだった?!その驚きの正体とは!
日本で初めて株式会社を設立したと言われるのが、坂本龍馬ですね。幕末から明治という激動の時代を駆け抜けた、中心人物と言っても過言ではありま・・・
【龍馬】は本名ではなかった?!名前にまつわる坂本龍馬の本当の姿とは?!
幕末の志士、坂本龍馬は、その波乱の人生や功績から多くの人に愛されているヒーローですが、「龍馬」という力強くスケールを感じさせる名前もその人気に一躍買っているのではないでしょうか。この「龍馬」という名前の由来には様々な伝説が残されおり、有名なものでは「龍馬の母が龍馬の生まれる前の日に天に龍が昇る夢を見た」、「雲竜奔馬が体内に入る夢を見た母が、目覚めた後に龍馬を生んだ」、「生まれてきた龍馬の背中に馬のたてがみのような毛が生えていた」などがありますが・・・
【坂本龍馬】 魂の名言!この言葉が日本を変えた?!
「坂本龍馬」、歴史上の偉人の中でも一番ファンが多い人物といっていいでしょう。 いったい、坂本龍馬はどんな人物だったのか? その手がかりになる手紙や逸話は数多く残されています。 いろんな人に手紙を書いたり、また、お付き合いの幅が広いお友達の多い人だったんですね。 現代に生きていれば、ツイッターしまくりの、インスタしまくりのLINEしまくりの・・・ そして、いろんな人とつながりまくりの・・・
【坂本龍馬】に「子供」はいたの?龍馬の子孫に受け継がれた北海道開拓の夢とは?
幕末のヒーロー坂本龍馬は、わずか33年でその生涯を終えましたが、龍馬は大政奉還を成功させた後、北海道を開拓する夢を持っていたことをご存知でしょうか?この龍馬の夢は彼の死によって実現することありませんでしたが、その後龍馬の遺志は坂本家の子孫に受け継がれ、現在、坂本家と北海道にはとても深い繋がりがあります。では、その夢を継いだ子孫とは誰のことしょう?そもそも龍馬に子供はいたのでしょうか?ここでは坂本龍馬の家系や子供のお話と、龍馬の北海道開拓の夢がどのように子孫に受け継がれていったのかをご紹介します。