【上杉謙信】が「女性」だったと噂されている4つの説とは?

上杉謙信 女 生理痛

 

数多くある戦国武将の中でも、

 

最強の武将」と言われ

 

現代でもその存在は英雄と称されるほどなのが、

 

上杉謙信」ですね。

 

無敵な強さを誇る上杉謙信ですが、

 

実はその正体は「女性」だったのではないかという説が、

 

現在広く知られています。

 

剛力自慢の武将たちでも敵わない上杉謙信が、

 

女性だったというのは

 

ちょっと矛盾しているようにも感じますよね?

 

では、どうして上杉謙信が女性という説があるのでしょうか?

 

 

上杉謙信が女性だと噂されている4つの説

 

上杉謙信 女 生理痛

 

上杉謙信が女性だとされる説の根拠となっているのは、

 

以下のようなエピソードがあるからです。

 

それでは、これらの説について次から詳しく見ていきます。

 

1:生涯独身を貫いた

 

上杉謙信 女 生理痛

 

上杉謙信ほどの強さを誇る武将であれば、

 

結婚相手はいくらでもいたと考えるのが普通ですよね?

 

しかし上杉謙信は生涯独身を貫き、

 

結婚することはありませんでした。

 

戦国時代は子供を産むのは決して簡単ではなく、

 

死産だったり母親が陣痛に耐えられずに

 

死亡するというケースは少なくなかったのです。

 

そこで名の通る大名や武将は、

 

子孫を多く残すために正室の他に

 

側室を複数名持つのが一般的だとされています。

 

そんな時代にありながら、

 

上杉謙信は独身を貫いたのだから不思議に感じます。

 

どうして独身を貫いたのかに関しては、

 

いくつかの説がありますがその中でも定説とされているのが

 

上杉謙信は女性」というものなのです。

 

女性であれば、結婚しないで

 

独身を貫いたのも不思議ではありませんよね?

 

独身を貫いたという事実があるので、

 

女性だという説が広まっているのです。

 

 

2:生理痛で出陣をキャンセルした

 

上杉謙信 女 生理痛

 

上杉謙信は脳卒中で倒れ、

 

それが原因で死亡したと記されています。

 

ここでのポイントは、倒れた場所が

 

厠、つまり「トイレ」だったという点です。

 

また新しい史料によれば、脳卒中で倒れたのではなく

 

腹痛で倒れたことと、

 

大虫(更年期障害)を患っていたと判明しました。

 

さらに毎月10日前後になると、

 

決まって腹痛を起こしており

 

合戦中でも兵を引き上げて

 

部屋に閉じこもっていたとも言われています。

 

上杉領に北条軍が侵攻してきたという、

 

かなり大事なときでも合戦に参加はせず

 

子守をしていたのだとか。

 

腹痛で倒れたと記された日は、

 

3月9日とされていますので、

 

ちょうど10日前後に被ります。

 

毎月訪れる定期的な腹痛は、

 

普通に考えれば生理痛と捉えられますよね?

 

腹痛で大切な合戦に参加しないともなれば、

 

それはよっぽどヒドい状態だったと見受けられます。

 

このような出来事から、上杉謙信は毎月10日前後に

 

生理痛があったと見られるので、

 

女性ではないかと言われているのです。

 

 

3:肖像画はすべてイメージだった!?

 

上杉謙信 女 生理痛

 

戦国時代ですから当然写真技術はありませんでした。

 

そのため有名な武将はすべて肖像画で描かれたものです。

 

では、上杉謙信はどのような肖像画なのかご存じでしょうか?

 

上杉謙信の肖像画は、

 

どれも無骨で荒々しいイメージがするものばかりです。

 

この当時の強い男というイメージである、

 

無精ひげ」もしっかりと生えています。

 

しかし上杉謙信の有名な肖像画は、

 

江戸時代に画家がそれこそイメージで描いたものであり、

 

本来はまったく違った姿をしていたとされているのです。

 

戦国時代、城主が女性というのは

 

決して珍しいものではありませんでしたが、

 

江戸時代はその事実が認められていなかったんですね。

 

もし上杉謙信が女性であったとすれば、

 

江戸幕府からお家断絶の事態に発展する可能性もあるので、

 

画家に頼んで荒々しい男性を描かせたという説が一般的です。

 

 

4:叔母という表記もある!?

 

上杉謙信 女 生理痛

 

上杉謙信を「叔母」という表記で報告したものが、

 

外国人が記した文書から見つかっています。

 

外国人が上杉謙信を男と認識していたなら、

 

報告書に「叔母」という表記は決して使わなかったでしょう。

 

ではどうして外国人は、

 

叔母」という表記を使ったのでしょうか?

 

もしかしたら、女性らしい男だったので

 

見間違えた可能性はあります。

 

しかしそれでも、はっきりと叔母と

 

表記されているところから見ると、

 

見間違えた可能性は低そうです。

 

客観的な文書から、

 

上杉謙信が女性という証拠が出ているので、

 

女性説はある程度信頼できるでしょう。

 

 

いかがでしたか?

 

戦国最強の武将と称される上杉謙信が、

 

実は女性だという説が唱えられている原因について見ていきました。

 

ここで紹介した4つの理由があるからこそ、

 

女性説が有力視されているんですね。

 

引き続き、「歴史に隠された黒い噂と黒歴史」をお楽しみください!!

関連ページ

【上杉謙信】のミステリアスな死因とは?!暗殺説から婦人病説まで?!
上杉謙信、と言えば越後(新潟)の戦国武将の一人ですが、一般的なイメージは「敵に塩を送る」という有名なことわざではないでしょうか。これは謙信が敵将武田信玄に塩を送った逸話からきています。このことわざの通り、謙信は、戦乱の世にあっても侵略のための戦いはせず、一方で他国から救援を要請されると出兵する「義」を重んじる人であったそうです。更に謙信は戦いが強かったことでも有名です。一説には戦国最強の武将とも言われています。
圧巻!!戦国最強の武将、【上杉謙信】の兜と刀コレクションとは?!
戦国武将の中でも最強の強さを誇ったと言われる上杉謙信。軍神と言われるほどの戦のうまさで、14才の初陣で勝利して以降は、生涯約70回もの合戦を行い、敗戦はわずか1,2回と言われています。それだけの強さでしたので、戦で陣頭指揮する姿はまさに軍神と恐れられていました。 では、その謙信は、いったいどんな兜や刀を身に着けていたのでしょうか?真田幸村の六文銭や伊達政宗の三日月の兜などはカッコよくて有名ですが、上杉謙信の兜も軍神と言われるだけあってカッコよく、現代の端午の節句の飾り物としても人気があるそうです・・・
まるでマンガのヒーロー?!名言から分かる【上杉謙信】の全くブレない生き方!!
戦国時代最強の武将と言われている上杉謙信。彼は戦で殆ど負けたことがなく、軍神とまで言われていましたが、ただ強いだけではなく、弱者にはとても優しかったのをご存知ですか?彼は私利私欲のための戦は一切せず、また援軍を頼まれたら必ず引き受けて戦場に赴く、「義」を貫く人でもありました。その強さも優しさも戦国武将ではナンバー1と言われるほど。とことん強く、とことん優しい・・・これって、まるでマンガのヒーローのようではないですか?・・・