【織田信長】って何をした人?織田信長の歴史を分かりやすく解説

織田信長 歴史 濃姫 斎藤道三 松平元康

 

誰もが一度は名前を聞いたことがある

 

戦国武将と言えば、「織田信長」ですよね。

 

鳴かぬなら、殺してしまえ、ホトトギス

 

織田信長の性格を表す言葉として、あまりにも有名です。

 

そんな織田信長ですが、実際何をした人で有名なのか

 

ちょっと分からないところもありますよね?

 

ここでは、織田信長の歴史を分かりやすく解説していきます。

 

 

織田信長の年表

 

織田信長 歴史 濃姫 斎藤道三 松平元康

 

戦国時代から500年以上も過ぎた現代でも、

 

織田信長の生涯を題材にしたドラマや小説、

 

ゲームなどが発表されるなどその人気は衰えを知りません。

 

そんな織田信長がどういった生涯を迎えたのか、

 

簡単な年表を以下に記載してみますね。

 

  • 1534年:尾張国の那古野城(愛知県)で生まれる
  • 1546年:元服(成人)し、織田三郎信長と改名
  • 1548年:16歳で美濃国の斎藤道三の娘である「濃姫」と結婚
  • 1551年:織田信長の父が死去した関係で織田家の家督を継ぐ
  • 1553年:教育係の平手政秀が自害
  • 1559年:尾張国を統一して国主へ
  • 1568年:明智光秀の仲介により上洛
  • 1570年:姉川の戦い勃発
  • 1575年:長篠の戦い勃発
  • 1582年:本能寺の変が勃発し自害

 

この年表を参考にしながら、次から織田信長の歴史について詳しく見ていきます。

 

 

織田信長の生誕から家督を継ぐまでの経緯

 

織田信長 歴史 濃姫 斎藤道三 松平元康

 

織田信長が生まれた日については、諸説あり定かではありません。

 

確かなのは1534年に尾張国の那古野城城主である、

 

織田信秀」の嫡男(正室との間に産まれた最も年長者のこと)

 

として生まれたということです。

 

那古野の中でも、織田家は位が上の方の家柄ではありませんでした。

 

ところが、織田信長の父である織田信秀は相当頭のキレる存在だったようで、

 

徐々に頭角を現していき、主家を凌ぐ勢いを持っていたようです。

 

尾張国の大うつけ」とよく言われていた織田信長。

 

民衆と一緒になって遊んでいたり、あり得ない失敗をしていたりと、

 

周囲の大人をハラハラさせる子供でした。

 

1548年、15歳になった織田信長は「斎藤道三」の娘である

 

帰蝶」と政略結婚をします。

 

斎藤道三と織田信秀が敵対しており、

 

政略結婚により1548年に和睦が成立しています。

 

1551年に織田信秀が没し、織田信長が家督を継ぐようになりました。

 

 

家督を継いでから長篠の戦いまで

 

織田信長 歴史 濃姫 斎藤道三 松平元康

 

家督を継いだ織田信長は、1553年に斎藤道三と聖徳寺にて会見をします。

 

この会見で、斎藤道三は織田信長がものすごい器量を持っており、

 

大変な活躍をすると確信しました。

 

斎藤道三はその後、息子である義龍に長良川にて討たれてしまいますが、

 

その前日に美濃国を織田家に譲渡する手紙を、織田信長に送っているのです。

 

このことからも、織田信長に一目置いていた様子がうかがえますね。

 

1555年になると織田信長は、「清洲会議」で知られる清洲城を居城とします。

 

一時期は尾張国の守護所として栄え、

 

交通の要所としても重要視されていた清洲城

 

当時の尾張国は、織田大和守家当主である、

 

織田信友が実権を握っていたのですが、信長暗殺計画を企てていたところ、

 

その情報が信長に流れ処刑されてしまいます。

 

これによって、織田大和守家は滅びたので、

 

織田信長が那古野城から清洲城へと居城したのです。

 

1560年に有名な「桶狭間の戦い」が勃発します。

 

詳しい内容は省きますが、

 

ここで重要なのが「松平元康」という人物。

 

桶狭間の戦いの後に、今川氏から独立を果たした松平元康は、

 

徳川家康」と解明して救ってくれた織田信長と同盟を結ぶのです。

 

1570年に姉川の戦いがあり、

 

1572年には「風林火山」で有名な武田信玄が上洛を開始し、

 

三方ヶ原の戦いにおいて信長の同盟者である徳川家康を破るのです。

 

さらに1573年になると、武田信玄が病死し、室町幕府が事実上の滅亡。

 

1575年に、織田信長と徳川家康が協力して戦った、「長篠の戦い」が勃発します。

 

1回の合戦で3000丁の鉄砲を使った、世界的に有名な戦いですね。

 

天下統一に一番近い男とされた、

 

武田信玄の息子「武田勝頼」であっても、

 

織田信長と徳川家康のタッグには

 

敵わず織田軍の圧勝で終わります。

 

 

謎に包まれた「本能寺の変」とは?

 

織田信長 歴史 濃姫 斎藤道三 松平元康

 

織田信長の忠実な家臣として懸命に働き、

 

信長も信頼していた人物が「明智光秀」です。

 

1582年5月15日、徳川家康の接待役として織田信長から命じられた明智光秀は、

 

15〜17日の間手厚く徳川家康をもてなしていました。

 

ところが接待中に、備中高松城を攻めていた

 

羽柴秀吉(豊臣秀吉)から救援の要請が入るや、

 

織田信長は明智光秀に援軍に向かうようにと指示を出します。

 

織田信長は5月29日、中国遠征をするために本能寺において軍を整えていました。

 

そして運命の日がやってきます。

 

羽柴秀吉の援軍を命じられた明智光秀は、

 

命令には従わず軍を率いて本能寺を目指して進軍。

 

6月2日、本能寺の変が勃発。

 

織田信長は少ない手勢の中懸命に戦いましたが及ばず、自ら火を放ち自害します。

 

本能寺の変の後、明智光秀の娘婿である明知光満

 

織田信長の遺体を探しましたが見つからなかったようです。

 

本能寺にいたハズの織田信長の遺体が無いということで、

 

現代でも様々な節が浮上しています。

 

隠し通路から逃げて生き延びていたという説や、

 

そもそも本能寺にはいなかったという説まで、実に色々。

 

現在も調査中ということですから、

 

本当の事実がどうなのか分かると面白いですよね。

 

 

織田信長は楽市楽座の政策を実施した

 

織田信長 歴史 濃姫 斎藤道三 松平元康

 

ここまで織田信長の歴史(生涯)について、ざっとおさらいしてみました。

 

頭のキレる戦国武将というイメージが強いですが、

 

実は様々な政策を施行した「改革派」という一面も忘れてはいけません。

 

象徴的な政策に「楽市楽座の政策」があります。

 

当時、「楽市楽座」という商人がおり、

 

この商人からは税を取らないという政策を打ち出し、商業が大いに発展したのです。

 

大阪が商売の街として現代でも賑やかなのは、

 

織田信長が施行した楽市楽座の政策が関係しているとも言われているほど。

 

また、商業の発展を考えていた織田信長は、

 

その発展を妨げていた「関税」という制度を廃止しました。

 

さらに険しい山道を歩きやすいように舗装したり、

 

川には橋をかけるなどして交通インフラを整えたのです。

 

民がどうすれば豊になれるのかを、真剣に考えていた織田信長。

 

戦いばかりに目が向きがちですが、領主として立派な政策も行っていたんですね。

 

 

いかがでしたか?

 

今でもスーパースターである織田信長の歴史について見ていきました。

 

49年という人生でしたが、あまりにも内容が濃いのでビックリしちゃいますよね。

 

遺体が見つからないという謎が、どのような答えを持っているのか、

 

今後の調査結果に期待しましょう!

 

日本史上最大のミステリー本能寺の変に新事実!」も合わせてお楽しみください!!

 

引き続き、「歴史に隠された黒い噂と黒歴史」をお楽しみください!!

関連ページ

【織田信長】日本史上“最大のミステリー”「本能寺の変」に新事実が?!
戦国武将の中で、現代でも人気が高いのが「織田信長」と「武田信玄」ですよね。 両者とも、同じ時代に生きており戦国武将としてその名を全国に知れ渡らせていました。お互いがライバル関係にあったのですが、一度も直接戦うことはありませんでし・・・
【織田信長】の本音!織田信長と武田信玄が直接対決しなかった理由
戦国武将の中で、現代でも人気が高いのが「織田信長」と「武田信玄」ですよね。 両者とも、同じ時代に生きており戦国武将としてその名を全国に知れ渡らせていました。お互いがライバル関係にあったのですが、一度も直接戦うことはありませんでし・・・
【織田信長】に隠された性格が分かるマル秘エピソードを暴露します
戦国武将の中でも、抜きんでた才能を見せつけたのが「織田信長」ですよね。現代でも、49年という人生に詰め込まれた数々のエピソードは、色あせることを知りません。そんな織田信長ですが、どういった性格を・・・
【織田信長】の家臣で重要な人物5人とそれぞれの歴史
織田信長には実力を兼ねそろえた、素晴らしい家臣が多くいたと言われています。天下泰平のため、天下統一を目指していた織田信長ですが戦国の戦乱を勝ち抜くには一人では不可能・・・
【織田信長】が【森蘭丸】を信頼した2つの理由とは?!
織田信長の家臣として、最期まで献身的に主君を支えたのが「森蘭丸」ですね。現代でも、時代劇や映画などで重要な役割を演じているなど、人気が高い戦国武将です。そんな森蘭丸ですが・・・
【織田信長】が政略結婚していた!?妻【濃姫】の人物像とは?!
織田信長の正室として、その名前は現在でも知られているのが「濃姫」ですね。本名は帰蝶と呼ぶそうですが、有名の割にどういった人物なのかほとんど文献が残されていません。晩年はどう過ごしたのか、謎に包まれている濃姫ですが、どんな人生を過ごしてきたのでしょ・・
【織田信長】が黒人【弥助】を家臣にした本当の理由とは?!
織田信長には優秀な部下(家臣)がおり、様々な場面で信長を助けてきました。天下統一目前まで躍進できたのも、優秀な家臣がいたからこそです。そんな家臣の中でも、異彩を放っているのが「弥助」という・・・
裏切りが原因?【織田信長】と浅井長政の敵対した理由とその後…
織田信長と同盟関係を結んでいたのが、「浅井長政」ですね。少なからず同盟関係を結んでいたということは、お互いの利害が一致していたハズですが、後に2回も戦う事態になります。一度同盟を結んだ相手に対して、自分からは決して裏切らない性格を持つ織田信長を考えると、2回・・・
【織田信長】はA型?B型?性格から分かる織田信長の血液型とは?
戦国武将の中で、今でも人気が衰えないのが「織田信長」ですね。短気で残忍な性格をしていたとされていますが、どこまで性格が本当なのか全て分かってはいません。そんな織田信長の性格を考える上で参考にされているのが、「血液型」と言い・・・
【織田信長】の妻は誰?織田信長が愛した8人の美人妻とは?
織田信長といえば、誰もが知っている戦国時代の武将ですよね。戦国時代における三英傑の一人として数えられており、その最期も謎に包まれているという不思議な人物です。そんな織田信長には側室を含めて8人の妻・・・
【織田信長】が残した3人の子孫と壮絶な生涯とは!?
天下人になるという野望を抱きながら、到達目前で命を落としたのが「織田信長」ですね。信頼していた家臣から裏切られた気持ちはいかほどだったのか、現代に生きる我々でも無念の気持ちを・・・
裏エピソード!【織田信長】と斎藤道三に隠された2人の関係とは?
織田信長が天下統一目前まで到達できたのは、「斎藤道三」のおかげだと言われています。もし斎藤道三がいなければ、信長は天下統一という目標を途中で諦めていたかもしれません。そこまで影響力のある斎藤道三と、織田信長は・・・
【織田信長】が残していった11人の子供と生涯・裏話!!
織田信長といえば、戦国時代の三英傑の一人であり、天下統一目前まで果たした武将として有名ですよね。そこまで有名になった織田信長ですが、その子供がどんな活躍をしたのかはほとんど分かっていま・・・