裏エピソード!【織田信長】と斎藤道三に隠された2人の関係とは?

織田信長 斎藤道三 美濃国のマムシ 濃姫

 

織田信長が天下統一目前まで到達できたのは、

 

斎藤道三」のおかげだと言われています。

 

もし斎藤道三がいなければ、信長は天下統一という

 

目標を途中で諦めていたかもしれません。

 

そこまで影響力のある斎藤道三と、

 

織田信長はどんな関係だったのでしょうか?

 

ここでは、斎藤道三と織田信長に隠された2人の関係についてご紹介してきます。

 

 

斎藤道三と織田信長の出会いとは?

 

織田信長 斎藤道三 美濃国のマムシ 濃姫

 

斎藤道三」は「美濃国のマムシ」と呼ばれており、

 

商人から武将に成り上がりを見せた

 

下剋上の見本のような人物です。

 

野心強く、出世のためならどんなことでもするという、

 

ある意味では行動力がずば抜けた人だったんですね。

 

尾張の国で存在感を見せていた織田信長は、

 

野心強い斎藤道三に対して危機感を抱いていました。

 

当然「美濃のマムシ」の噂は尾張にも届いていましたし、

 

天下統一を行うならば

 

必ず関係を持たなければならない相手でもあります。

 

戦いになれば、いくら天才武将と呼ばれた信長ですら

 

確実に勝てる見込みはありません。

 

一方、斎藤道三も尾張の国にいる、

 

大うつけ者」として

 

知られていた信長についてよく知っていました。

 

出世欲、名誉欲がとても強い道三は、

 

自分の娘を信長の正室に送りだし同盟関係になれば、

 

周囲はより自分を尊敬してくれると考えたのです。

 

また美濃国に攻められては、

 

さすがの道三もたまらないと感じていたので、

 

信長の美濃への介入を防ぐ狙いもあったとみられます。

 

両者の思惑が一致し同盟関係は結ばれ、

 

斎藤道三の娘「濃姫」が、

 

織田信長の正室になりました。

 

 

斎藤道三の裏エピソード?

 

織田信長 斎藤道三 美濃国のマムシ 濃姫

 

同盟関係が結ばれるまでは、

 

直接本人同士が会うのではなく、

 

伝達という形で話が進められていました。

 

つまり、信長も道三も直接会話をした訳ではなく、

 

同盟を結んで濃姫を正室に迎え入れたのです。

 

今では考えられませんが、

 

戦国時代は情報伝達技術は

 

全く発達していませんでしたから、

 

ごく一般的だったのだとか。

 

さて結婚前夜に斎藤道三は濃姫に、

 

「もし信長が噂通りのうつけ者だったら、この刀で刺せ」

 

を渡しました。

 

すると、濃姫は、

 

承知しました。だが、もらったこの刀は父の血で染まるかもしれないわ

 

と答えたというエピソードは有名ですね。

 

結婚前から直後にかけては、道三は信長について

 

噂程度しか把握していないことが、

 

このエピソードから読み取れます。

 

では、両者はいつ頃直接会ったのでしょうか?

 

それは濃姫を嫁がせた後、

 

尾張の国境付近にある「生徳寺」でした。

 

いくら政略結婚を自分が考えて実行したからとしても、

 

大切な娘の旦那が「うつけ者」なのかどうか不安だったのでしょう。

 

道三は信長よりも先に到着し、

 

信長が来るのを待っていました。

 

そこに信長が現れたのですが、

 

想像通りのだらしない服装だったようで道三はガッカリ。

 

しかし対面するときには、しっかりとした装束に着替えており

 

場を弁えることができる人だと驚いたようです。

 

対面後に外へ出てみると、織田方はしっかりとして、

 

そして統率のとれた軍容をしていたので、

 

これにも道三は驚きます。

 

斎藤道三は、若くして尾張の領主となった

 

信長の技量を見抜いたのでした。

 

 

斎藤道三は美濃国を織田信長に譲ると決意したが…

 

織田信長 斎藤道三 美濃国のマムシ 濃姫

 

同盟関係を結んでいた斎藤道三は、

 

息子の義龍によって討たれてしまいます。

 

その際、遺言状に

 

美濃の国は信長に譲る」と書き残していました。

 

通常、自分の領地であれば子孫に残すものですが、

 

道三は子孫ではなく織田信長に美濃の国を委ねたのです。

 

これはかなり信長に信頼を置いていないと、

 

こういった決断はできませんよね?

 

織田信長のほうは斎藤道三をどう評価していたのかは、

 

詳しい史料はありませんので不明ですが、

 

それなりに評価をしていたのではないかとも言われています。

 

斎藤道三が最期を迎える、

 

長良川の戦い」では、

 

信長は道三の支援として援軍を向かわせていたのですが

 

合戦には間に合いませんでした。

 

もし合戦に間に合っていたら、

 

斎藤道三は殺されずに済んだかもしれず、

 

その後の歴史は大きく変わっていたでしょう。

 

合理主義の織田信長が、

 

自国にとって何のプラスにもならない、

 

斎藤道三のお家騒動に援軍を出すこと自体が考えにくいものです。

 

では、どうして援軍を斎藤道三のところへ向かわせたのでしょうか?

 

ここでは、斎藤道三と織田信長に隠された2人の関係についてご紹介してきます。

 

 

斎藤道三を尊敬していたとされる3つの証拠

 

織田信長 斎藤道三 美濃国のマムシ 濃姫

 

織田信長が斎藤道三を信頼(尊敬)していたからこそ、

 

援軍を美濃に送ったと考えるのが自然でしょう。

 

では、それ以外に信長が道三を

 

尊敬していたとする証拠はあるのでしょうか?

 

一般的に言われているのは、以下に挙げるものです。

 

  • 楽市楽座の政策を施行
  • 関所の廃止
  • 天下布武の印章の使用

 

織田信長の政策として有名な

 

楽市楽座」と「関所の廃止」ですが、

 

これは斎藤道三が思いついたもので

 

信長はそれを受け継いだのではないかと言われているのです。

 

戦略に長けており、将来を見通す目も

 

養われていた斎藤道三の思慮深さに、

 

信長が尊敬をしたとしても不思議ではありません。

 

また、信長が美濃の国を奪ったとき、

 

岐阜城に「天下布武」の印章を使うようになりました。

 

これにより、美濃を奪ってから

 

天下取りを本格化させたことが分かりますね。

 

つまり斎藤道三も夢見ていた、

 

天下統一の意志を信長が受け継ぐという表れです。

 

ここまでするのですから、尊敬を通り越して

 

思想まで大きく影響を受けていたのかもしれません。

 

 

いかがでしたか?

 

織田信長と斎藤道三は単に、

 

娘婿と義父という関係ではないことが分かりますね。

 

信長が実行した政策や行動の節々に、

 

斎藤道三の思想が色濃く

 

反映されているというのは興味深い点です。

 

戦国時代に両者がどちらも無事であれば、そ

 

の後の歴史は間違いなく変わっていたでしょう。

 

日本史上最大のミステリー本能寺の変に新事実!」も合わせてお楽しみください!!

 

引き続き、「歴史に隠された黒い噂と黒歴史」をお楽しみください!!

関連ページ

【織田信長】日本史上“最大のミステリー”「本能寺の変」に新事実が?!
戦国武将の中で、現代でも人気が高いのが「織田信長」と「武田信玄」ですよね。 両者とも、同じ時代に生きており戦国武将としてその名を全国に知れ渡らせていました。お互いがライバル関係にあったのですが、一度も直接戦うことはありませんでし・・・
【織田信長】の本音!織田信長と武田信玄が直接対決しなかった理由
戦国武将の中で、現代でも人気が高いのが「織田信長」と「武田信玄」ですよね。 両者とも、同じ時代に生きており戦国武将としてその名を全国に知れ渡らせていました。お互いがライバル関係にあったのですが、一度も直接戦うことはありませんでし・・・
【織田信長】って何をした人?織田信長の歴史を分かりやすく解説
誰もが一度は名前を聞いたことがある戦国武将と言えば、「織田信長」ですよね。「鳴かぬなら、殺してしまえ、ホトトギス」織田信長の性格を表す言葉として、あまりにも有名です。そんな・・・
【織田信長】に隠された性格が分かるマル秘エピソードを暴露します
戦国武将の中でも、抜きんでた才能を見せつけたのが「織田信長」ですよね。現代でも、49年という人生に詰め込まれた数々のエピソードは、色あせることを知りません。そんな織田信長ですが、どういった性格を・・・
【織田信長】の家臣で重要な人物5人とそれぞれの歴史
織田信長には実力を兼ねそろえた、素晴らしい家臣が多くいたと言われています。天下泰平のため、天下統一を目指していた織田信長ですが戦国の戦乱を勝ち抜くには一人では不可能・・・
【織田信長】が【森蘭丸】を信頼した2つの理由とは?!
織田信長の家臣として、最期まで献身的に主君を支えたのが「森蘭丸」ですね。現代でも、時代劇や映画などで重要な役割を演じているなど、人気が高い戦国武将です。そんな森蘭丸ですが・・・
【織田信長】が政略結婚していた!?妻【濃姫】の人物像とは?!
織田信長の正室として、その名前は現在でも知られているのが「濃姫」ですね。本名は帰蝶と呼ぶそうですが、有名の割にどういった人物なのかほとんど文献が残されていません。晩年はどう過ごしたのか、謎に包まれている濃姫ですが、どんな人生を過ごしてきたのでしょ・・
【織田信長】が黒人【弥助】を家臣にした本当の理由とは?!
織田信長には優秀な部下(家臣)がおり、様々な場面で信長を助けてきました。天下統一目前まで躍進できたのも、優秀な家臣がいたからこそです。そんな家臣の中でも、異彩を放っているのが「弥助」という・・・
裏切りが原因?【織田信長】と浅井長政の敵対した理由とその後…
織田信長と同盟関係を結んでいたのが、「浅井長政」ですね。少なからず同盟関係を結んでいたということは、お互いの利害が一致していたハズですが、後に2回も戦う事態になります。一度同盟を結んだ相手に対して、自分からは決して裏切らない性格を持つ織田信長を考えると、2回・・・
【織田信長】はA型?B型?性格から分かる織田信長の血液型とは?
戦国武将の中で、今でも人気が衰えないのが「織田信長」ですね。短気で残忍な性格をしていたとされていますが、どこまで性格が本当なのか全て分かってはいません。そんな織田信長の性格を考える上で参考にされているのが、「血液型」と言い・・・
【織田信長】の妻は誰?織田信長が愛した8人の美人妻とは?
織田信長といえば、誰もが知っている戦国時代の武将ですよね。戦国時代における三英傑の一人として数えられており、その最期も謎に包まれているという不思議な人物です。そんな織田信長には側室を含めて8人の妻・・・
【織田信長】が残した3人の子孫と壮絶な生涯とは!?
天下人になるという野望を抱きながら、到達目前で命を落としたのが「織田信長」ですね。信頼していた家臣から裏切られた気持ちはいかほどだったのか、現代に生きる我々でも無念の気持ちを・・・
【織田信長】が残していった11人の子供と生涯・裏話!!
織田信長といえば、戦国時代の三英傑の一人であり、天下統一目前まで果たした武将として有名ですよね。そこまで有名になった織田信長ですが、その子供がどんな活躍をしたのかはほとんど分かっていま・・・