【大久保利通】にまつわる伝説!!記事一覧

大久保利通 顔写真

東京はJR四ッ谷駅のすぐ近く、「紀尾井坂」という坂があります。紀伊徳川家の「紀」尾張徳川家の「尾」井伊家の「井」の三文字を合わせて、紀尾井坂という地名になりました。親藩の大名と最有力の譜代大名の屋敷が連なるこの坂は、江戸城防衛の面からも重要な場所だったのです。そして1877年(明治11年)5月14日、この地で大久保利通が暗殺されました。世に言う「紀尾井坂の変」です。なぜ、大久保利通は暗殺されなけれ...

大久保満寿子 全身 写真

明治維新の立役者にして新政府の要となった「大久保利通」。維新の三傑と呼ばれ、西郷隆盛、木戸孝允(桂小五郎)と並び称される偉人の一人です。実は、この大久保利通には二人の妻がいました。一人は薩摩の正妻である「満寿子」さん、一人は京の愛人である「おゆう」さんいわゆる妾(めかけ)です。愛人がいるとは、現代の政治家では万一ばれたら、政治生命も終わり!となるほどの大事件ですが、この時代にはけっこう普通のことの...

大久保利通 顔 イラスト

「維新の三傑」といえば西郷隆盛、木戸孝允、そして「大久保利通」の3人ですよね。西郷隆盛は旧士族の不平不満を一身に受け止めて西南戦争で自決。木戸孝允は最後まで新政府の役職に尽力し力尽きて病死。そして大久保利通は・・・不平士族の手によって暗殺されています。世に言う「紀尾井坂の変」です。暗殺された時点では、西郷隆盛を死に追いやった張本人として旧士族の恨みを受け、新政府の中では独断専横の強引さから孤立を深...

大久保利通 顔 イラスト

西郷隆盛の親友にして、西郷隆盛を死に追いやった男としてしられているのが、「大久保利通」ですよね。西郷隆盛は1877年西郷隆盛は故郷の城山で壮絶な自決をし、大久保利通もまた、1878年5月に暗殺され命を落とします。大久保利通は西郷に敵対し、維新に功労のあった士族を冷遇した冷徹な人間として、人としての評価は決して高いものではありません。しかしその功績はすばらしいもので、現在の日本の礎を築いたといっても...