【伊達政宗】にまつわる伝説!!記事一覧

伊達政宗 馬上で指揮 肖像画

戦国時代に、「独眼竜」と恐れられた武将が「伊達政宗」ですね。小田原や関ケ原という、天下の分け目となる重要な戦いで功績を遺したことが知られています。そんな伊達政宗ですが、子孫はいるのでしょうか?ここでは、伊達政宗が残した子孫の行方と真相についてご紹介してきます。伊達政宗の子孫について仙台藩主で、基礎を築いたとされるのが伊達政宗。武術だけでなく、政治にも強い能力を発揮し様々な政策を打ち出して成功しまし...

伊達政宗 銅像

おしゃれな人のことを「伊達者」と言いますが、この言葉は戦国の武将、「伊達政宗」から来ていることをご存知でしょうか?真偽のほどはわかりませんが派手な格好をした伊達政宗とその家臣が由来と言われているのです。実際に政宗の軍隊は出陣の時、黒を基調とした甲冑に金を組み合わせた豪華絢爛な軍装をして当時評判になっていたそうです。また、現代の私たちも伊達政宗と言えば、黒い眼帯と三日月の兜を被った、イケてる武将のイ...

家紋 一覧表

戦国武将にはそれぞれ家紋があります。有名なところでは真田幸村の真田家が使っていた「六文銭」、徳川家が使っていた「三つ葉葵」などがありますが、戦国ヒーロー、独眼竜、「伊達政宗の家紋」はご存知でしょうか?伊達政宗が使っていた家紋はいくつかありますが、地元仙台では有名なのはもちろんのこと、大ヒットゲーム「戦国バラサ」にも使われていてゲーム好きな人たちの間ではとても人気なのだそう。更に伊達政宗と言えば黒い...

頭脳 イラスト

戦国武将のヒーローの一人、「伊達政宗」はお洒落な甲冑や数々の大胆なエピソードから派手好きで気性の激しい荒くれもののイメージがありますが、一方で教養の高い人物だったことをご存知でしょうか?政宗は幼い頃に天然痘で右目を失明しましたが、彼の父の輝宗はそんな政宗の将来を危惧し、政宗に様々な英才教育をしました。その英才教育のお陰で、政宗は詩歌や書、能、茶道など、多くの才能を開花させ、教養人、文化人として晩年...